下五島 「立神大瀬」

下五島の遠征初日は移動があるため、午後からの釣り.....。
渡船「都丸」さんのお世話になり、玉野浦町荒川を出港。湾外に出るとけっこうなウネリが残っていましたが、Kさん、T君、yukimaruの3名で大瀬崎は「立神大瀬」に乗る事ができました。

oose1DSC00824.jpg

「シケているからワンド側でも釣れますよ~。」  離岸際に船長がマイクでアドバイス。
シケのため立てる場所が限られている中、私は足場の良いワンド側を譲っていただきました。



御神酒の代わりに缶ビールをプッシュン.....。
釣行の安全を祈念したところで、仕掛けの考察。準備していたマキエをボンボンと眼前の海に放り込んでみると、ナント超がつくくらいの当て潮状態。遠投して沖から足元までを釣るしか方法が無さげなので、取り敢えずで選んだのはG2負荷。ブラック2.5号通し、タナを3ヒロに設定した仕掛けを群青の海に放り込んでみました。

oose3DSC00809.jpg

リールのハンドルをゆっくりと回し、不要になった道糸を回収しながらウキの動向を見守ります。
何とも釣りにくいアテ潮ではありますが、予想に反してアタリは意外に早くありました。
それらしいような引きで上がってきたのは、定番外道のサンノジ君.....。
タナが深いのか.....?

1213_2DSC00805san.jpg

アテ潮、サンノジ対策として、タナを2ヒロに上げて釣りを続けます。
ほぼ固定仕掛けなのでアテ潮でも仕掛けが張り易く、ナカナカ良い感じ....。不安要素は浅いタナまで食い上がって来るウオが居るかどうかですが、これまた早い段階で心配無用となりました。

onaga1DSC00806.jpg

17時30分、納竿。
アテ潮ゆえに合わせが遅れてチモトからブチ切られる事、2回....。
訳の解らん強烈な締め込みに心が負けてブチ切られる事、1回....。
「立神大瀬」の厳しい洗礼を受ける事になりましたが、尾長2枚を何とかキープ。
初めての大瀬崎を楽しむ事ができました。

onaga2ooseDSC00818.jpg

港に帰り、近くにある荒川温泉のゲキアツ湯で長旅&釣りの疲れを癒します.....。
風呂の後は福江に帰って楽しい宴会♪  その宴が盛り上がったのは言うまでもありません。 

にほんブログ村 釣りブログへ

アオリーの探索.....

忙しくてナカナカ行けませんでしたが、やっとこさ海に行くことができました。
良い情報は入っていませんでしたが、勝手知ったる地磯に入り、シャクってみると.....
コロッケサイズ大のアオリー君が我がエギをハグしてくれました。 ψ(`∇´)ψ



0909DSC_0704.jpg

今時期は見釣りが面白いのですが、今回の固体はあまり浮いて来ず.....。
底をキッチリと取り、根気よくシャクっていると仕方なくハグしてくるというような展開でした。
ナカナカ難しいですね.....  (´Д`;)

にほんブログ村 釣りブログへ

3月の男女群島遠征 その2

3月の男女群島遠征 その1 の展開

結局、不完全燃焼で終わった初日の夜釣り。その事を知ってか知らずか、朝の見回りで前田キャプテンが連れて行ってくれたのは、女島の南にポツリと浮かぶ独立礁「サメ瀬」でした。何度か上がった「サメ瀬」ですが、まだ昨夜からのウネリが残っており、時折、頭からシャワーを被ります。
今は上げゴンゴンの激流状態。不意のウネリで道具の奉納となってはヤレマセン...。
ハヤる気持ちはありましたが、荷物をロープで固定してタックルの準備にかかりました。

0311DSC00523.jpg

ロッドケースから取り出したのは、昨夜もお世話になった、ガマの豪竿 「我夢者5号」 。
昼夜通しての使用ですが、リールだけは3000番を使用・・・道糸5号にハリス5号を直結、ウキは5B程度の負荷に耐えるモノを選んでみました。マキエをボンボンと足元に打ち込み、ヨレを伴ってゴンゴンに流れる上げの激流に仕掛けを放り込んでみます。投入直後は浮いていたウキも豪潮に揉まれて直ぐに沈降・・・自然に張れている状態の仕掛けを流しながら穂先を注視していると、流石に男女群島のスーパーステージ。 一投目から激流の住人が食ってきてくれました。

0311DSC520390.jpg


潮流が豊富なので、高島師匠にはヒラマサ君がHit... w( ▼o▼ )w オオォォ


0311DSC00528.jpg


潮が緩んだのを頃合いに足元近くを釣ってみると・・・・・美味しい外道のサンバ君が登場!


0311sameDSC00525.jpg


得体の知れないウオに仕掛けを飛ばされたりと「小サメ瀬」のポテンシャルを24時間余り堪能。
前田キャプテンの計らいでシーズン終盤である3月の男女群島を堪能する事ができました。


0311DSC005471.jpg
※  クリックすると800px
0311DSC1125520.jpg

また来年! V(`∇´)V

にほんブログ村 釣りブログへ

3月の男女群島遠征

2016年3月11日の男女群島遠征はブラックヘラクレスでの航海でした。

031116DSC00487.jpg

多くの釣り人の夢を載せ、ブラックヘラクレスのエンジンに火が入ったのは、午後13時20分。
順調な航海を経て、男女群島は男島に到着したのは16時30分頃の事でした。





ブラックヘラクレスは男島~女島の東岸に展開。
我々が降りたのは女島は「二重鼻」を東に望む、「針古横」という磯でした。

031116DSC00500.jpg

まだ明るい時間帯なので、張り出した瀬の位置を確認してから夜釣りの準備にかかります。高島師匠が「針古瀬」側に、私は「二重鼻」側のワンドに釣り座を構え、夜の帳が降りたのを頃合いに頑丈一番の仕掛けを放り込みました。狙うタナは竿1本強。ワンド特有のフラフラと定まらない潮に翻弄されましたが、午後9時を過ぎた頃からボチボチとアタリを拾う事ができ、嬉しい外道のシマアジも喰ってきてくれました。

0311DSCtyo031115.jpg

本命、本命、美味しい外道。良い感じの展開に「豊漁」を予感しましたが、それは甘か味噌汁。
日付が変わる1時間前には魚からの反応は遠ざかり、寂しい沈黙が訪れる事に。
タナを変えポイントを変えて探ってみましたが、沈黙を打開する事はできませんでした。

にほんブログ村 釣りブログへ

下阿値賀島からの撤退



爆風の下阿値賀島からヘタレ全開で撤退。
次に乗ったのが  宮之浦港の真ん前の磯で名称は不明...。

miyaDSC0061714.jpg

完璧なる風裏で平穏な釣りを楽しめましたが、コッパしかよー釣りませんでした。
チヌの雰囲気激高でしたが不発。
だんだん釣りが下手になってますわ。  (´Д`;)/ヽァ・・・

にほんブログ村 釣りブログへ

下阿値賀島



良い磯でしたが、爆風にヤラレました  (゜◇゜)ガーン

にほんブログ村 釣りブログへ

男女群島 「河野瀬の地」

午前8時30分・・・ブラックカイザーが大勢の釣り人を乗せてやってきました。
皆さん、釣れないようでこぞって瀬替りの様子・・・。ですのでブラックカイザーのデッキは多くの荷物で足の踏み場も無いような状態でした。

入れ替わりで3名の釣り人を「下の赤瀬」に下ろし、ブラックカイザーは「下の赤瀬」を離岸。女島の東岸を北上しながら瀬替りの釣り人を次々と磯に下ろしていきます。結局、男島は真浦まで北上しましたが、我々が乗ったのは、クロキ島は「河野瀬の地」でした。

0401DSC00583.jpg

「風の変わるけん、夕方には替りましょう・・・!」  
今現在は良い凪ですが、この後はかなり荒れるとの事。一抹の不安を感じながらブラックカイザーを見送って、昼タックルの準備に掛かります。

・ マスターモデル尾長H
・ トーナメント3000SH-LBD
・ サンラインブラック マークX 3号
・ サンラインブラック 3号
・ 松飛 BB-4B
・ がまかつ 尾長速攻 8号


0401DSC00586.jpg

良い感じの下げの本流が流れているので、その際に向けて重めの仕掛けを放り込んでみると・・・ウキが馴染んだ途端にバリバリバリ~の本流Hit!
「すわっ アタリっ!」 手の平でスプールを押さえて合わせを食らわし、リールのベールを戻して大きく竿を起こします。するとウオもその抵抗にビックリしたのか、更にパワーを上げて必死の抵抗。しかし、我が手に持つ尾長の名前を冠した竿の柔軟な弾力に翻弄され、徐々にその魚体を海面近くさらす事に・・・。往生際悪しで上がってきたのは本流の住人オナガ君・・・。
これぞ尾長と言うに相応しい見事な尾っぽを持った1尾でした。

0401DSC00585.jpg

「本流の住人」が居ると解れば釣りにも気合が入ります。マキエを打つポイントを間違えると即イスズミが食ってくるような展開でしたが、かえってそれが釣りのスパイスとなり飽きない釣りに発展。タナを探っていると嬉しいお土産も食ってくれ、満足のうちに瀬替りの時刻を迎えることとなりました。

0401DSC00591.jpg

午後4時過ぎ ブラックカイザーが今夜の宿にと連れて行ってくれたのは、男島の「中村瀬」。
今シーズンは絶好調の磯らしく60超のオナガも数枚出ているとか・・・。山見船長からそんなレクチャーを受けると、イヤが上にも期待が高まります。そんな「中村瀬」での夜釣りでしたが、夜が更けるにつれてクロキの水道あたりから吹き付けてくる風がドンドン強くなり、竿もまともに振れない状態になりました。なので、ここは無理をせず仮眠を取る事に。寝床を探すのに一苦労でしたが、狭いスペースに身体をたたんで寝袋に包まると、昼の疲れからか意識不明になるのにそう時間は掛かりませんでした。

0401DSC00597.jpg

0401DSC00599.jpg

午前2時起床。 身支度を整えて釣り座に戻ってみますが、昨夜からの風は弱るどころか、その強さを増すばかりの様子。おまけに磯の周辺は大サラシで真っ白け・・・。とても納得のいく釣りが出来そうな状態ではありません。高島師匠と思案六法となりましたが、ここは勇気(?)を出して納竿を決断。 ブラックカイザーの朝の見回りで船に撤収する事を決めました。

今年の男女遠征はヘタレ全開・・・何をしに遠征しているかが、はなはだ疑問です。(笑)

にほんブログ村 釣りブログへ

男女群島 「下の赤瀬」

今シーズン、4度目の男女群島は「下の赤瀬 ビョーブ」 から・・・・・
過去、何度も乗った「下の赤瀬」ですが、ビョーブにあまり良い思い出はありません。
タイドプールだらけの兎に角汚い磯・・・って印象が強いのですが、今回はシケ明けのおかげで、見違える程に綺麗な磯となっていました。



午後7時、高島師匠が「沖の赤瀬」側、yukimaruは「針古」側に釣り座を構えて夜釣りの開幕!
バッシャンバッシャン…時折、ウネリが押し寄せて飛沫を頭から被りますが、これに耐えながら釣りに集中。西側にゴンゴンと流れる上げの流れでは仕掛けがナカナカ落ち着かず苦戦しましたが、満潮時刻を過ぎて潮が緩んだ時間帯にアタリが集中、50cmを頭にオナガを6枚取り込むことができました。

0325DSC00569.jpg

そうして迎えた下げの時間帯。
張り出している根を気にしながら南東側に流れる潮に仕掛けを任せますが、食ってくるのはオナガはオナガでも40cm弱のコナガ君。流星の如くウキが海中に消えるので見てくれは面白いのですが、タックルが強すぎるので釣りの趣が良いハズはありません。仕方なく・・・そんな気の抜けた感じの釣りを続けていると、ナントそのコナガ君にサメが喰らいついてきました。

0325DSC00572.jpg

手にしているタックルはがまかつの剛竿、我夢者5号! 「うおおおりゃぁぁ~」 ・・・っとばかりに真っ向勝負を挑みます。すると、今まで見たことが無い程「我夢者」はヒン曲がりその胴の強さをアッピール。 「これは勝てるか!?」  一瞬、そう思いましたが、それは甘か味噌汁・・・。(笑)
張っていた8号ハリスがその力を支える事叶わずに切れてしまいました。

そんなドタバタ劇を演じていて、後が続く訳はありません・・・。食ってくれていたコナガ君の音沙汰も無くなり、ただただ豪快な下げの本流を流すばかりの釣りとなってしまいました。

0325DSC00576.jpg

結局、夜の部は終了・・・・・。
下げの潮が持続する中、昼タックルの出番となりました。
夜の部の激流はNO GOODですが、昼の部の激流はオナガの期待度が急激に高まります。しかし、運に恵まれず時間帯は既に上げ方向。勢いのあった下げの激流は影を潜め、トロトロと西側に流れを変えていました。何となくイヤ~な感じに苛まれながら放った1投目。ウキは仕掛けが馴染む前に横走りを披露・・・食ってきたのは小型のイスズミでした。

0325DSC00577.jpg

仕掛けを放り込む度に食ってくるイスズミ君と小型のオナガ君。
マキエをズラしてもタナを変えてもコヤツらはしつこく食って来ます。沖側に釣り座を構える高島師匠もイスズミ軍団に手を焼いている様子。釣り座の移動も意味が無さげだったので、そのままダラダラと釣りを続けていると、足元に巨大な魚影がウロウロするようになりました。
「何じゃろ!?」 帽子を深く被り海中を凝視・・・ナントその正体はジョーズ!でした。

昨夜ハリ掛りした口の痛みの仕返しに来たかのように我が足元から離れようとしません。
「イスズミの次はサメかい・・・・・。」  (´Д`;)/ヽァ・・・
流石にこれでは釣りにならないので、「下の赤瀬」の撤退を決定。荷物を纏めてブラックカイザーの朝の見回りを待つ事になりました。

にほんブログ村 釣りブログへ

男女群島再遠征 3日目

16:00過ぎ・・・ 「荒磯かぶり」の我々を回収したブラックカイザーは、「佐藤のハナレ」に乗っていたHIDEさんを回収・・・。クロで大きく膨らんだドンゴロスを持ったHIDEさんと船上で暫しの情報交換を行います。ブラックカイザーは名礁群の立ち並ぶ中ノ瀬戸から東へ転進。今夜は北東の風が吹き荒れるとの事なので、今夜の宿はおそらくワンドの奥・・・そう思いながら今夜の食料の食材をクーラーから出していると・・・
「yukimaruさ~ん 行きましょう!」 
意外にも中ノ瀬戸から出る前に声が掛かり、ブラックカイザーがホースヘッドを押し付けたのは、昨夜の晩、お世話になった「吉田の3番」の隣磯である「吉田の4番」でした。
「明日の朝はヘリオスが来ますから…」
山見船長はマイクでそう告げると、ブラックカイザーの船首を女島に向け走り去って行きました。

まだ明るい時間帯ですので、昼釣りを続けるべきなのですが、降り続く雨が容赦なくヤル気を削いでくれるので、再び竿を持つ気にはなれません。結局、ブルーシートで簡易テントを張り、その中に逃げ込む事に・・・。小降りになったら釣ろう!・・・そう思っていたのですが、夕食に用意したアツアツのおでんを食べ、暖かいストーブで暖を取ったらもう最後・・・とても冷たい雨の中で竿を振る気にはなれず、そのまま寝袋の住人となってしまいました。

0309DSC0042914.jpg

0309DSC0082474.jpg

午前4時・・・起床
雨にもメゲずに竿を振っていた高島師匠に状況を聞きますが良い返事は返ってきません。もっと寝ていたい気分でしたが、ヘリオスの見回り時に寝ていてはカッコが悪いので、寝袋からゴソゴソと這い出して防寒着を着込みます。すぐに釣りをする気にはならず暫しの間、ボー・・・っと佇んでいると、轟音と共にブラックヘリオスが来磯。弁当とエサを受け取りながら海の状況を聞いてみると、北東風が強くなるけども昼までは大丈夫だろうとの事でした。

「昼頃に来ま~す。荷物を纏めとってくださいね・・・。」 ・・・と南船長。

ブラックヘリオスを見送り、温かい弁当をいただきます。弁当を食べ終わった頃には、辺りも白々と明けてきたので、ブルーシートを片付けて昼用タックルの準備に掛かりました。

0309DSC00434.jpg

0309DSC00432.jpg

今は上げの時間帯。ヨレを伴った豪潮が西にゴンゴンと流れているので、昨日の「荒磯かぶり」と同じタックルを組上げます。そして、タックルが組み上がったところでマキエを撒いて久しぶりとなる釣りを再開。中ノ瀬戸の潮流に仕掛けを放り込んでみます。2日続けての本流釣りにワクワクしながら、パラパラと出て行く道糸を見送っていると、20m程度流れた所でバリバリバリ~! お決まりとなった本流アタリに興奮しながら合わせをくれて戦闘開始!しつこくしぶとい引き味は尾長のそれで、強い潮流も手伝ってか簡単には寄ってきてはくれません。 
「これでもかっ・・・!」  尾長の名前を冠した竿を更に大きく引き絞りウオとの間を詰めていきます・・・。すると流石のウオも参ったとばかりに足元まで寄ってきました。

0309DSC00435.jpg

潮流豊かな「吉田の4番」の破壊力は相当なモノで、その後もウオは順調にHit!
昨夜のサボリを取り返すかの如く、ドンゴロスは次第にその膨らみを増していきました。

0309DSC00441.jpg

0309DSC00447.jpg

0309DSC00446.jpg

11時50分 ブラックヘリオスが見回りにやって来ました。夕刻までここ「吉田の4番」で出来ないかと聞いてみましたが、風が北西風に変わってきているので危険との事。昼間っからでもオナガがバンバン当たってくる磯なので、後ろ髪を引かれる思いでしたが、船長の言う事は絶対・・・。残念ですが「吉田の4番」を撤退する事になりました。

次にヘリオスが連れて行ってくれたのは、「シケシラズのハナレ」。
お初の上礁となりますが、何とも表現のしようも無い臭っさいタイドプールのある磯でした。
このタイドプールの臭いだけで我々の戦意は喪失・・・とても夜を過ごす気にはなれません。高島師匠は昨夜の疲れが出たのか竿を納め、マットを敷いて高イビキ・・・。私も寝ようかと思いましたが、まぁ、一投くらいはやってみようと仕掛けを変化の無い海に放り込んでみました。

0309DSC00454.jpg

ウキにアタリは出るのですが、ハリに乗りません。軽い仕掛けに換えてハリを小さくすれば乗るのかもしれませんが、ここは男女! 面倒臭いので、そのまま妖しいアタリをビシバシ掛け合わせていると・・・・・・

0309DSC00452.jpg

正体判明! 流石にこれ以上仕掛けを海に入れる気にはなれず、竿をたたむ事に・・・。
結局、ヘリオスの見回り時刻まで昼寝をする事になりました。

0309DSC00457.jpg

16時50分 ブラックヘリオスがやってきました。
この臭い磯で夜を過ごす気にはなれん事を告げて船に乗り込みます。・・・で、何処に泊まるか・・・って事になるのですが、吹き始めた北西風は15m超! どの風裏の磯も釣り人が入っており、良さげな磯はありません。他のお客の見回りを兼ねて、あちこちの磯を探訪しましたが、泊まりたいような磯は無く、結局、船に泊まろうという事になり、ブラックヘリオスに寝る事となりました。

翌朝には磯に上がる予定で船中泊。南船長、相川さんの造る美味しい料理に舌鼓を打ち、面白い話とビールをたらふく頂いて21時には就寝・・・。翌朝は早くに目覚めましたが、強烈な北西風は昨夜と変わらずビュービュー状態。 結局、その強烈に吹きすさぶ風に心が折れて、完全なるリタイアを決定。そのまま船尾のベッドで田平港まで寝て帰ることになりました。

にほんブログ村 釣りブログへ

男女群島再遠征 2日目

夜が明けて、いよいよ昼釣りの時間帯となりました。昼用のタックルに持ち替える時間ではありますが、昨日あったウネリはすっかり取れて中ノ瀬戸はベタ凪に・・・。ですので朝の見回りで瀬替りする事を前提に、夜釣り用鬼タックルのハリスだけを3号に取り換えて、「吉田の3番」のクロの様子をうかがう事にしました。

0302DSC00402.jpg

潮はトロトロと「吉田の4番」方向にヨレを伴って流れており、雰囲気は十二分・・・。プチ本流釣り的に思えたので、足元にマキエを入れ、アンバランスな仕掛けを投入・・・すぐに後追いのマキエをウキの後方に被せます。ユルユルと出て行く道糸を指でセーブしながら仕掛けを張り込み、来るであろう強烈な一撃を待っていると、バリバリバリ~と一気に道糸がスプールから弾け出ていきました。間髪入れずに合わせを喰らわし戦闘体制に入ります。ビックリしたウオは強烈な力で引き回ります。しかし、こちとらのタックルは男女夜用の鬼バージョン。ウオが強烈な力で引いても、その反す刀の反発力は強力でウオは否応なく浮かせられる事に・・・。竿がゴツイのでウオの引き味は良く解りませんでしたが、参った!・・・っとばかりに浮いた魚体の尾っぽには、見事なアディダスマークが見てとれました。 (´Д`;)/ヽァ・・・

これには流石にガックリコン。 タックルを片付けてブラックカイザーを待つ事にしました。

0302DSC00451.jpg

午前8時30分 ブラックカイザーがやってきました。急いで乗込み、「吉田の3番」にさようなら・・・。ブラックカイザーは「吉田の3番」を離岸し、そのまま凪の中ノ瀬戸に突進。 
そして、山見船長がマイクで・・・

「荒磯かぶりでヨカかな・・・!?」

勿論、断る理由はありません。
かくして、昼釣りは激流流れる「荒磯かぶり」での幕開けとなりました。

0302DSC00407.jpg

ここ「荒磯かぶり」は一昨年のお昼に乗りましたが、潮流が豊富で昼からでもガンガン尾長が当たってきます。難点は荷物の置場が少ないって事ですが、今回、昼の見回りが無いって事なので、お昼に予定している焼肉セットも船から下ろし、荷物をピトンに括りつけたところでタックルの準備に取り掛かりました。

・ マスターモデル尾長H
・ トーナメント3000SH-LBD
・ サンラインブラックストリームマークX2.5号
・ サンラインブラックストリーム3号
・ 松飛 BB-3B
・ がまかつ 尾長くわせ8.25号


0302DSC00417.jpg

今思えば、「ナメとんかいっ!」 ・・・ってタックル組んで、「SOS」方向に流れる激流に第一投を放り込みます。マキエをパラリとウキの後方に打ち、パラパラと出ていく道糸を指で押さえながら見守っていると、お決まりの道糸がバチバチバチ~の本流アタリ!来るのは分かってまんがな・・・っとばかりに余裕で合わせをくれてやりますが、後がイケません。竿を起こし荷重を竿の胴に乗せたと思った途端にブチっ・・・。仕掛けを回収してみると見事にチモトから切られていました。ハリを飲まれておったか・・・っと再びハリを結んで仕掛けを放り込みます。しかし、次のウオにもヤリトリの最中にバラしてしまいました。これはハリ外れでしたが、要のハリスはザラっザラ。流石にコレではイカン!・・・って事で仕掛けの交換。道糸、ハリスを一気に5号に上げて仕掛けを瀬戸の激流に放り込みます。潮が走る磯なんだから、始めっから太い糸を張っとけよ・・・後の後悔ナントヤラですが、アタリはすぐにあり、ガチンコのヤリトリに屈したのは45cmクラスの尾長君でした。

0302DSC00414.jpg

その後も激流の住人は順調にHIT! ドンゴロスの膨らみも徐々に大きくなっていきましたが、激流の住人1尾1尾に対する体力消費は相当なモノで、お昼を迎えた頃にはヘロヘロに・・・。
最近は釣りより重き(?)を置いているアウトドア。焼肉を楽しむには狭い磯ですが、ビール片手にあーだこーだと話しは尽きません。今回は一口サイズに刻んだキャベツをジップロックに入れて持ち込んだのですが、これが大当たり。 「焼くより生ぢゃ~」 ・・・っと二人でボリボリと貪り食う事になりました。野菜類の類も小分けにして現場に持ち込むのがコツですね。

0302DSC00420.jpg

肉と野菜でスタミナの補給を終えたところで、元の釣り座に戻って釣りを続けます。下げの激流はその勢いを増して「SOS」方向にゴンゴンとヨレを伴って流れており、足元には巨大なサンノジが見てとれました。マキエを打ち、仕掛けをその激流に放り込んでみますが、一投目は見事な空振り。サシエも綺麗な形で戻ってきたので、おそらくタナが取れてないのでしょう。同じような状況が数投続いたので、ハリスにBのガン玉を追加してみる事に。過負荷となった仕掛けを張りながら激流に馴染ませます。すると、一発で魚からの反応をキャッチ。「往生際悪し」 で上がってきたのは目寸40cmの尾長君。過負荷が正解となった仕掛けいじりですが、この後も飽きない程度に魚からの反応はあり、ドンゴロスは徐々に自立するようになりました。

0302DSC00406.jpg

午後4時、ブラックカイザーが「荒磯かぶり」にやってきました。ポツポツと降り出した雨に一抹の不安を感じていましたが、今夜の海は荒れるとの事。足場は悪く寝る場所など皆無のこの「荒磯かぶり」ですが、昼の展開を考えると、夜なら更に尾長の数は出そうな感じ・・・。そう思うと未練はありますが、荒れると解って「荒磯かぶり」には居られません。ブラックカイザーに乗り込み、他の磯の客を回収しながら今夜の宿を探す事になりました。

にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2