男女群島 「沖の平瀬」

帆立岩方向に流れる本流筋に仕掛けを放り込めば、道糸がバリバリバリ~.....。
そんな本流釣りの醍醐味を味わえる 「SOSのハナレ」
Dayタックルに持ち替えて、さぁ今から......ってところでしたが、朝の見回りから30分で天気が急変。比較的穏やかだった中ノ瀬戸は吹き付ける北の強風を受けて大きく波が立ち上がり大荒れ状態に.....。これは釣りにならんな...そう思っていたらブラックサムソンが緊急回収にやってきました。

「ウネリが酷くなってきたんで回収しま~す!」

大ウネリの影響で船の上下動が激しく、ブラックサムソンは「SOSのハナレ」の頂上にドン!
かなりヤバイ感じでしたが、何とか無事に回収完了。
中の瀬戸から外に出ると、そこはビュービューに吹き付ける北東風の世界.....。
これでは良い磯は望めません。ワンドの奥の奥を覚悟していたのですが、ブラックサムソンが次の磯へと選んでくれたのは、女島の冬の定番磯でした。

300220_7DSC01292.jpg

悪い磯ではないのですが、この磯であまりイイ思いはした事がない.....
そんなネガティブな思いに浸りきっていると、高島師匠に妙なウオがHit!

「ヒラソかのぅ.....」
カゴ釣りで培った得意のノラリクラリ戦法で引きたくるウオを上手にあしらいます。

300220_8DSC01292.jpg

ゆっくりと時間を掛けてタモに入れ込んだのは美味の帝王 ヤイトガツオ。
デップリと肥えてとても旨そうな個体でした。

300220_9DSC01292.jpg

美味しいウオの登場で、先ほどまで抱いていたネガティブな気持ちはスっ飛び、「長崎鼻」方向に流れる潮流に仕掛けを放り込んでみます。スマの味を思い出し涎をタラタラと垂らしながら、ズンズンと出ていく道糸を見送りますが......1投毎に当たってくるのは美味しいウオには程遠い天下の嫌われ者イスズミ君。これがけっこうな良型ときていて、ズガガガガガガ.......と磯際で強烈に引き回りハリスが痛んでやおーいきません。スッ飛んでいたネガティブな気持ちは再び蘇り、結局、昼寝で決着する事になりました。

Zzzzz.....よく寝ること数時間、昼寝から覚めるとすでに夕刻の見回り時刻。

「替わらんでヨカですか.....」

尾下船長が気を遣ってくれましたが、相変わらずの北東風なので良い磯は望めそうにありません。移動時刻も勿体ないので、ここで最後まで釣りきる事にしました。
暖かいお弁当をいただき、夜の鬼タックルをロッドケースから取り出します。

・ がまかつ 我夢者 5号
・ シマノ レマーレ8000番
・ 道糸 サンラインブラック8号 ハリス Vハード8号
・ ハリ 夜釣王 6号
・ ウキ キザクラ(ケミホタル装着) 
・ タナ 2ヒロ~


日が落ち始めたのを頃合に鬼タックルを手に磯の先端に出てみます。
さすがにイスズミの猛攻はありませんでしたが、肝心のアタリを捉える事ができません。先端、水道の際.....あっちこっちとポイントをを代えて仕掛けを放り込んでみますが、明確なアタリを捉える事ができません。そのうちに睡魔が頭をもたげ、今遠征初となる寝袋の住人になることになりました。

朝マヅメ 美味しい外道の一撃.....

300220_10DSC01292.jpg

朝マヅメ 美味しい外道の連発.....

300220_11DSC01292.jpg

午前8時.....納竿
結局、「沖の平瀬」では小型のオナガと美味な外道しか釣る事叶わず.....。
何となくストレスの残る遠征となりました。

釣果

にほんブログ村 釣りブログへ

男女群島 SOSハナレ

2月某日....男女群島へ高島師匠と釣行しました。
お世話になった渡船は あじか磯釣りセンターの旗艦 ブラックサムソン!
とてもユニークな尾下船長が操船する船で、通常は香港チームの専属船と化していますが、今回はチャーターの中日だったようで我々、日本人を乗せて男女群島まで連れて行ってくれました。

300220_1DSC01292.jpg

14時....田平港を出港。 約3時間少々の航海で男女群島に到着しました。
事前の天気予報は凪だったのですが、現地は意外にもシケ模様.....。先に到着していたブラック軍団も東側の磯に展開しています。こんな状況では良い磯は空いていないのが常ですが、尾下船長は中の瀬戸に突進.....吹き付ける北東風に強いと言われる 「SOSのハナレ」にホースヘッドを押し付けました。

※ ↓SOSハナレ(後日撮影)
300220_2DSC01292.jpg

「夜になったら北風に変わるけん、時化てきたら岩につかまっとって~(笑)」
相変わらずユーモアタップリの尾下船長....

「前回は際より本流が良かったみたいバイ....」
キッチリとしたアドバイスもいただきました。

300220_3DSC01292.jpg

・ がまかつ 我夢者 5号
・ シマノ レマーレ8000番
・ 道糸 サンラインブラック8号 ハリス Vハード8号
・ ハリ 夜釣王 6号
・ ウキ キザクラ(ケミホタル装着) 
・ タナ 3ヒロ~ 


頑丈一番のタックルを組み上げ、夜の帳が下りるのを頃合に眼前の海に仕掛けを放り込みます。潮をは上げ方向(オレンジ)....タナが取れてからゆっくりとウキを沈めるイメージで釣っていると、意外に早く反応がありました。

ガゴンガゴンと引き回るウオ.....けっこうな抵抗を披露してくれますが、がまかつ「最強フカセ竿」 の敵ではありません。ほどなくして磯上に横たわったのは40cm後半の尾長君でした。

300220_4DSC01292.jpg

さすが底物、上物の雄である中の瀬戸の名礁 「SOSハナレ」
夜半から降り始めた雨に随分と気を削がれましたが、ポツポツと尾長は釣れ続けました。

夜が明けてDayタックルに持ち替える事に....

・ がまかつ マスターモデル尾長HH
・ ダイワ SH3000LBD
・ 道糸 オシャレ5号 ハリス サンラインブラック5号
・ ハリ アワセ尾長8号
・ ウキ 1.85g負荷相当
・ タナ 2ヒロ~ 


見える本流筋に仕掛けを放り込むと.....
パラパラと出て行く道糸がロケットの如く一気に走ります。

300220_5DSC01292.jpg

食ってくるのはほとんど尾長。
40cm後半が主体ですが、見回りの時刻を迎える頃にはドンゴロスは自立するようになりました。

300220_6DSC01292.jpg


にほんブログ村 釣りブログへ

浜田沖へ釣行!

好天に恵まれ、久々となる浜田沖へ出撃しました。
何度エントリーしても悪天候に阻まれていたので、メンバーの皆さんの気合はおっとろしいほど.....。浜田沖のウオは全部ワシが釣っちゃる!.....そんな雰囲気が漂う中での出港となりました。



本日の狙いのウオ.....
最初はアジ・サバをサビキで釣り、お土産を確保したところで根魚を狙おうって寸法。

0304_hamaDSC0002.jpg

水深80mラインでコマセを振ると.....35cmクラスのアジが続々とHit!
入れ食いの状態にも飽きてきたので、このままの仕掛けで沖メバルを狙いに行くことに。

水深100m.....
沈没船が形成するデンジャラスゾーンとの事でメバルがいれば必ずHitしてくるとの事。
しかしながら流石にデンジャラスゾーン.....根掛り頻発で沖メバルがHitする前にこちらの心が折れてしまいました。

0304_hamaDSC0003.jpg

ポイントを移動して根魚釣りへ.....
サビキで釣ったアジで切り身を作り、それを胴付き仕掛けに仕込んで狙います。
水深100m.....
ここの根もデンジャラスな状態でポヤ~っとしてると即、根掛り....。
アタリ⇒即ゴリ巻き でないとナカナカ魚が取れません。
ダメぢゃ...竿がヤワ過ぎる.....  船長に散々小言を言われましたが、上手く仕掛けが入れば良型のカサゴが船上に上がってきました。 

0304_hamaDSC0004.jpg

今回、お世話になった 「第二薫丸」さん
釣らそうと必死になってくれる、とてもユニークな船長が操船されます。
ちょっとイラですが.....(笑)

0304_hamaDSC0005.jpg

どれを食べようかな.......

親に似てすっかり魚好きになってくれました..... ψ(`∇´)ψ ケケケッ
父親が苦労する事でしょうね.....(笑)

0304_hamaDSC0006.jpg

にほんブログ村 釣りブログへ

招かざる美味しい外道...

男女群島 「沖の平瀬」 朝マヅメの一撃!
本命魚ではありませんが、楽しませてくれました..... V(`∇´)V




にほんブログ村 釣りブログへ

離島遠征

イザ釣れてない離島へ.....!  w( ▼o▼ )w ガンバルンバ...




にほんブログ村 釣りブログへ

再びイカダへ.....

チョイと暖かくなった週末、再び牡蠣イカダに釣行しました。
このフィールドは数が釣れる訳でも極端にデカイ魚が釣れる訳でもありませんが、タナの迷路が面白くて、ついつい通ってしまいます。チョイとMがかった.....とも言えそうですね。(笑)



そんな牡蠣イカダでのフカセ釣りですが、その釣り方は様々で全遊動釣法や沈め探り釣り、棒ウキ仕掛けと十人十色。以前、ウキ無しの状態の軽い仕掛けをユックリと底(タナ)に落す 「脈釣り」 みたいな技を駆使された方もおられました。基本的に深場を釣る釣りなので、上からマキエを撒くフカセ釣りには向かないフィールドですが、そこを敢えてフカセで臨むスタイルがM....とも言えるような気がします。

そんなイカダでのMフカセ釣り。どの釣り方が絶対的に良いかは語れませんが、今まで見てきた限りでは、狙いを付けたタナから下をゆっくりと探る 「沈め探り釣り」 に分があるように思います。磯釣りと違うのは絶対的な深さだけとなりますが、沈める速度を早くすればマダイ、ゆっくりと沈めればチヌという重さの使い分けもできるようです。

0203DSC_ikada002.jpg

今回、水中ウキを付けた沈め釣りをやってはみましたが、早々道半ばにして断念。いつもの棒ウキに戻したら良型のチヌが喰ってきてくれました。喰ってきたタナは約24m.....1.5号のナマリを使いましたが、フカセ釣りで底を狙うのはやおーいきません。いったいマキエはどこで効いているのやら.....。釣れたらヨシかもしれませんが、確証がないので永遠の謎となっています。

0203DSC_ikada004.jpg

あまりに釣れないのでイカダの上をウロウロと徘徊。
ブイに付いたワカメを見つけたので収穫して帰りました。
せっかくの新芽なので葉はシャブシャブに茎はポン酢でいただきます.....。

0203DSC_ikada005.jpg

マダイの身、チヌの身をワカメに包んでいただくと鮮烈の一言...V(`∇´)V
早春の美味をいただきました。
まだまだ寒い日が続きますが、確実に春はきていますね。

にほんブログ村 釣りブログへ

イカダに釣行

雪の舞い散る週末、イカダに釣行しました。
男女群島で雪に遭ったことはありますが、瀬戸内海海上では初めての経験。電熱入りのウェアを着ていたのですが、寒いのなんの...。

20180130175157a76.jpg

魚も寒いのか喰ってくるタナは深め。

20180130175156eec.jpg

タナの上下が少なかったので割と釣りやすい1日でした。

20180130175159a98.jpg

今年の広島は異常に寒くてやれません。
あまりに寒いと離島に遠征する気が萎えてしまいます。
これも歳ですかね.....。

にほんブログ村 釣りブログへ

初釣りの儀

松の月も半分過ぎた週末、天気に恵まれて初釣りに行くことができました。
フィールドはタナの迷走が楽しめる牡蠣イカダ.....。 w( ▼o▼ )w ヤレンゼィ...

狙いのウオは松に相応しいであろうピンクなマダイ。
海に御神酒を奉納し、東の空に上がったご来光に手を合わせ、今年の釣行の安全と少々の釣果を祈願して、いつもの棒ウキ仕掛けを海に放り込んでみました。



この棒ウキがストンと海に入る瞬間がタマリマセン.....。 V(`∇´)V
なので筏での釣りはほぼこの釣り方。
竿掛けに竿を任せ、その瞬間を想像しながら漂うウキを見つめます。

0120hatsuf_002.jpg

縦の釣り=タナ探りの釣り
最近はウオの居るタナが特定できず、迷いの迷路にハマります。
今回も例に漏れず上へ下へとタナの迷走地獄に陥りましたが何とか本命をGet!
ホッと一安心ですが、食ってきたのは遥か沖....。
最近はタナが深く潮が速いのでやおーいきません。
結局、お造りサイズのマダイはこれっきりとなりました。

0120hatsuf_003.jpg

初モノは皮霜造りにしていただくことに。
真鯛の身の甘さが一層引き立つお造りでした。

0120hatsuf_004.jpg

次の釣行では竿を手に持って頑張ろ.....w( ▼o▼ )w ヤルゼィ

にほんブログ村 釣りブログへ

竿納め...イカダ釣行

色々あった1年でしたが、ド年末にやっと竿納めに行く事ができました。
フィールドはご無沙汰者にはけっこう厳しい牡蠣イカダ.....。



しばらく釣りから離れていたので、タナ不明の輪廻にハマり易い状況.....。
ですので、ナナメウキを使った 「なんちゃって全遊動」 を試してみましたが、付け焼刃が上手くいくハズもなく、結局いつもの棒ウキ仕掛けで深ダナを探る釣りとなりました。

1230DSC004_uki001.jpg

最初は速い潮に翻弄されましたが、潮が緩くなってからやっとチヌのアタリがありました。
潮が速いとマキエのブレンドが難しい釣り.....。
色々と迷いが出ますがご無沙汰者は勘も上手くは働きません。

1230DSC_001_002.jpg

お情け.....(笑)
小型ですがお正月の御節の彩りにはいいかも.....。

1230DSC_tai_003.jpg

それにしても大から小までよーけ逃がしました...(汗)
釣りのご無沙汰はダメダメですね。

にほんブログ村 釣りブログへ

イカダにて.....

久しぶりに瀬戸内海は大奈佐美島海域にあるイカダに釣行しました。
狙いは秋のシーズンに入ったであろう...チヌ。
10月のイカダ釣行は記憶に無いので、ある意味楽しみな釣行となりました。

20171014kaki_115839.jpg

我がイカダ釣りのスタイルはフカセ釣り。
それも重いオモリを付けて一定のタナを探る「待ち伏せ釣法」。
マキエとサシエの合致に疑問を感じる釣り方ですが、竿受けに竿を掛け、ノンビリとウキを眺めるのは風情があるので、この釣り方からナカナカ脱却できません.....(笑)

20171014kaki_115832.jpg

タナ取りボールで水深を計り、13mのタナから釣りをスタート。
これでもかっ....てくらいマキエを放り込んでから仕掛けを海に委ねます。
後は竿掛けに竿を置いてリラックスタイム。ウキに変化が現れるのを待ちます。

いつもなら開始早々に”らしき”ウキの変化があるのですが...
1投、2投、3投...... 仕掛けを放り込む回数を重ねても、ウキに変化が出てくれません。
こうなると迷路に迷い込んだ子供のような 「タナの探求」 が始まります。
タナを上げたり下げたり......
すぐに迷路脱出となれば良いのですが、当日はかなり時間が掛かりました。

20171014kaki_124057.jpg

ウオの潜むタナが分かってしまえば、後はそれなりに簡単。
マキエを打った後、仕掛けを振り込むタイミングを考えれば、牡蠣イカダに巣食う美味なチヌがボッコボコに喰ってきてくれました。

20171014kaki_135910.jpg

竿受けに竿を掛けノンビリとウキを眺める釣りは残念ながらできませんでしたが、やはり釣りは釣れた方が面白ですね。

にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2