軽い仕掛け・重い仕掛け

軽い仕掛けのみを用いてタナを決めずに釣る釣法が流行っている昨今・・・。
前記事で紹介したヘビー級のウキ群を見ても分かるように、今の自分はその流れに沿ってはおらず、タナをキッチリと取りどちらかと言うと重い仕掛けを多用している。
何かと話題に上がる軽い仕掛けに重い仕掛け・・・ウキを使ったフカセ釣りをする上では、いったいどちらが利に適っているのだろうか。

元来、フカセ釣りってのはエサやハリの重さだけで仕掛けを海中に漂わせて魚を誘う釣り方と言われている。 「漂わせる=フカセる」 が語源だが、これでいくと重い仕掛けは概ねバツ・・・。 
重い仕掛けをフカセてマキエとの同調を図るには相応の経験やテクが必要となる。 
だから、仕掛けの投入点からマキエとの同調が容易い軽い仕掛けが有利であり、フカセという釣り方の意味においても軽い仕掛けが正解なのだろうと思う。 なので自然条件が良く釣り手のスキルが同じならば、より釣れるのはおそらくは軽い仕掛けの方だろう。

この完璧かと思えるような釣り方。 私も以前はこればかりをやっていた。
しかし、ウキはゼロ系の一本槍で水深が有ろうが無かろうがタナを決める事もなく、何処かで食うさ!のダラ流し・・・。 このオートマチック的に「釣れた感じ」の後味が嫌で、ある時期を境にこの手の釣り方をする事はなくなった。
そして、重い仕掛けの釣りを何となく覚え、再び軽い仕掛けに・・・っと思った事もあったが、今は軽さゆえの不安ばかりが先行してどうにも使う気にはならない。 より釣れるかもしれないが、これから先も「ゼロ系全誘導」の釣りを主動とする事はおそらくないだろう。 

以前、拘りのウキという文言で書いたが、趣味は拘りの塊であるべき。
釣れようが釣れまいが拘り通せる意思もアリだと最近は思うようになった。
単に年を取り頑固者になった自分に言い訳をしているのかもしれないけどね・・・。(笑)
軽い仕掛けに重い仕掛け・・・どちらも拘って使うべし! っと思う。


にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2