釣魚の変わり目

車庫に置いてある鮎のオトリ缶を見る度にもう一度鮎を! ・・・っと思うのだが、イザの段になってみると何かしら行く気にはならない。 目に付かぬよう道具を納めればよいようなものだが、未練らしき妙な思いがありさっさと片付ける気にもならない。 なんとも優柔不断な話しである・・・。
お盆を過ぎると暑さも一段落するが、こと釣魚に関しては簡単に一段落とはいかないようだ。

魚釣りは四季を楽しむこと・・・だとも思う。
四季の変化によって対象魚や釣り方を変える人は多い。

9月からは神経を消費する鮎釣りから開放され、落ちに入るキス、初心な小アオリと戯れる。 
10月からはいよいよ磯に立ち青物とのガチンコ勝負!
剛竿にカゴという単純だが利に適った武器を使って強烈な引き味と美味を堪能・・・。
そして、青物の回遊が一段落すれば、待ちに待ったクロ釣りシーズンの開幕となる。

そんな訳でそろそろ次のターゲットに心を動かすべき時ではあるが、毎年、この時期は心が重くなってしまう。 その原因は鮎。 他のターゲットとは違い鮎は年魚、それも放流が主体となる。
次期へのインターバルが長いからこそ、もうイイの? ・・・っと自問自答を繰り返し心に不思議な思いが残るのであろう。 表現し難い思いなのだが、ずっと続けたい訳でもないのである。

釣魚の変わり目はすぐそこまで来ている。
過ぎようとしている一つの釣りを惜しむ思いも、夏の釣りを楽しんだ表れなのかもしれない。
この不思議な思いを噛み締めて、四季を楽しむ釣り・・・また来年の夏を楽しみたいと思う。


にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2