男女群島遠征 VOL2

午前2時、携帯のアラームで覚醒・・・。
ゴソゴソと寝袋から這い出して寝具の片付けを行う。
既に釣り始めているI氏の様子を伺うと、何やら釣れている模様・・・。

今は上げ潮の時間帯である。 昨夜の状況も考えるとこの磯は上げ潮に分があるようだ。
コンビニで買ったパンで軽く腹ごしらえをして、昨夜の釣り座に戻って釣りを開始。
その2投目・・・昨夜の続きとばかりに良型のオナガが食ってきた!

オナガ

そして、次に竿を曲げてくれたのが・・・。
「KING OF 青物」こと ・・・丸々と肥えたサバである。
エラと内臓の処理をして未解凍のオキアミと一緒に保管する。

サバ!

「こりゃ、エエお土産ぢゃ・・・。 ψ(`∇´)ψ」

群れているであろう美味な青ウオを狙って丹念に仕掛けを打ち返す・・・。
しかし、その後、「KING OF 青物」が竿を曲げてくれる事はなく、代わりに登場したのが深海魚のメダイ君。  I氏が2本釣り上げた後、私にも久しぶりとなるメダイ・ストライク!
しかし、道糸がトラブっている最中でのHitだったため、ラインはダンゴになってブレイク。
引っ掛かった#1のガイドを全部吹っ飛ばして逃げて行ってしまった・・・。 
穂先は折れなかったものの、大損である。 (涙)

ロッドケースから予備の4号竿を取り出しての仕切り直し。
丁寧に仕掛けを作り直して、元の釣り座で仕掛けを打ち返す。 
すると、そこにはメダイの群れはなく、またまた優しいオナガ君が遊んでくれた。
ポツポツと釣れ続く本命君。 トラブルによる偶然とはいえ海を休めるのも釣りの一手か・・・。

夜明け

午前7時・・・東の空から白々と明るくなり夜の終わりを告げる。
それを契機に夜用タックルをロッドケースに仕舞い込み、代わりにDay Attackの道具を取り出した。 離れ磯&本流筋という事もあり、選んだロッドはマスターモデル尾長H

昼仕掛け

それにマスラード3号を巻いた競技リールを取り付ける。
潮の強さを考えてウキは2-BB・・・ハリス3号・タナ3ヒロで「下の赤瀬」の昼海に放り込む。
潮はトロトロと左流れ・・・。 沖の本流に引かれているようだ。
仕掛けが馴染みウキはゆっくりと潜行を開始。  そのウキの後方に追いマキエを打ちウキの動向を見守る。 すると、明らかに違う力によってウキは海中に引き込まれた。 
 
磯の暴君 

最初に竿を曲げてくれたのはクチブト君。 そして、次はやたらと元気な磯の暴君が食ってきた。 
60cmは楽に超える良型である。 V(`∇´)V
潮流が豊富なだけに魚種も豊富。 本流での強烈なオナガの一撃などもあり、結局、ブラックカイザーの見回り時刻まで順調に竿は曲がってくれた。

午前8時30分過ぎ・・・ブラックカイザーが来磯。
昨夜の釣果をクーラーに納め、必要な物を必要量だけ下ろす・・・。

「昼頃に来ま~す。」
山見船長は次の見回り時刻を告げ、「下の赤瀬」を離岸した。


にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2