華麗なる小外道の面々・・・ササノハベラ

明日はクリスマス・イヴ!
釣り師には全く関係のない日のように思えますが、今日、立ち寄った釣具店では綺麗な包装を施した釣竿らしき長物を持っている女性がおられました。 釣りに理解のある女性は素敵ですね。 V(`∇´)V

さて、本日のネタは再び 「華麗なる小外道の面々」・・・ササノハベラです。
この魚を釣った事がない釣り師はおそらくいないでしょう。 小外道の代表格的な魚ですね。

釣行した当日も上のタナから下のタナまで満遍なく食ってくれました。
この手の魚が頻繁に食ってくるような時はクロやチヌの存在は薄い事が多く、逆にピタっと食わなくなった途端にバリバリバリ~っていうパターンはよくあります。
私見ですが、本命魚の存在を知らせるソナーの役割をしてくれる貴重(?)な魚です。(笑)

当日はこの一族と一派が納竿まで食ってくれました。
釣りきらんだけかもしれませんが、おそらく本命魚は少なかったのではないでしょうか・・・。

ササノハベラ

<ササノハベラ>
ベラ科
地方名:モイオ・モクズ、ヨメッコ、ヤギ、ムギタネ、ノメリコ、クサビ

体色は褐色または赤褐色。 背側に白い小さな斑点がいくつもあるのが特徴。
磯釣り、投げ釣り、ボート釣りなどの外道として釣れる事が多く海釣りでは馴染みの深い魚の一種。
全長は15cm~20cm。 エビ・カニなどの小型甲殻類、ウニ類、イソメ類などを捕食する。
夜は岩陰や藻の間で眠り昼間活動し、冬季には砂に潜って冬眠することも知られている。
ベラの仲間ではかなり味のよい魚で煮付けなどにするとおいしい。 (釣り魚カラー図鑑より抜粋)

この魚の仲間に「キュウセン(ギザミ)」っというスーパーで高値の高級魚(?)がいますが、うちの娘達は、その「キュウセン」の煮付けより「ササノハベラ」の煮付けの方が美味しいと口を揃えます。
「キュウセン」より肉厚なのがその理由との事。

塩焼きもかなりイケるので、貧果の際にはお土産に持ち帰るのもありかと・・・。 V(`∇´)V
海域限定の魚かもしれませんが、試してみてくださいね。



にほんブログ村 釣りブログへ

こいつ・・・

活性が低い時の寒グロ時に・・・
ゆっくりウキがシモッて行くアタリ!

寒グロキター!
必ず飲み込まれてますね(笑)

変な意味で期待を裏切らないヤツですね。

>naoさん

naoさん こんばんは!
コメントありがとうございます。

コヤツはギュインーっとは入って行きませんね。ジワジワと・・・。
確かに”らしい”アタリです。
憎めないヤツですが、ハリの塗装を剥ぐのはヤメテ欲しいな・・・。(笑)

こんばんは!

ササノハベラ…馴染みの魚であります(汗)
この魚、美味しいんですね☆…知りませんでした。
懸命に針を外して海へ!が常でした。
次回釣れた時には、必ず持ち帰って食べてみます♪

自分の中でこの魚の地方名は…ハリカエセ!です(笑)(^^ゞ

>クロ兵衛さん

クロ兵衛さん おはようございます。
コメントありがとうございます。

夏の沖ノ島釣行の際、同磯した方は持ち帰られていました。
超・淡白な身ですので一度試してみてください。
濃い目の味付けがオススメです。

コイツは小さい口のクセにハリ飲みますもんね・・・。
ハリカエセ・・・エエ名前です。(笑)

こんにちは!

こやつ、冬眠するんですか。
小生、腸感冒が悪化(^^ゞ
早退して冬眠中です。

>鮎福屋さん

鮎福屋さん こんばんは!
コメントありがとうございます。

「釣り魚カラー図鑑」にはそう書いてありました。
ベラ系の魚には多いようですね。

お腹、大丈夫ですか?
ノロなら移りますのでご用心ください。
お大事に・・・。m(__)m

       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2