3Bの存在価値

磯に行けない・・・いや、暑くて行く気にならない日が続く今日この頃、脳内イメージを鍛えるために古い釣り雑誌を読んでいたら 「3Bの存在価値を問う」 という記事があった。
以前、読んだ覚えがあるような無いような・・・。 (*´д`)??
その内容は軽いゼロ仕掛け全盛の今、3Bの重い仕掛けはどうよ? ・・・っという感じのもの。
オモリをガツンと打つか打たないか。仕掛けの張り方やタナへの入れ方も含めてのテーマである。

hiden_145IMGP2738.jpg

ある名人は軽いナイロンハリスから比重の重いフロロカーボンハリスへの仕掛けの変移を取り上げ、「オモリは沈みにくいものを沈ませる時にだけ必要。オモリに頼らず自然に付けエサを漂わせる・・・」とあり、別の名人は 「0ウキや00ウキは小さい魚を釣るために進化したものとしか受け取れない。 ハリを先行させる操作を行えばオモリがあっても問題ない・・・」 とあった。

オモリを打つ打たないで意見が分かれているようにも思えるが、各名人の考察の最後は「適材適所」みたいな件で文章を締めてあるので、どちらが良いではなく自分の得意なスタイルを表現しただけなのであろう。
ただ、ゼロスタイルの台頭によって、「オモリ=釣れない」 の短絡的な等式が一般に浸透したのは事実であり、仕掛けを適正なタナに入れる事が出来ない釣り人が増えているという。  
さてさて、今もってゼロ仕掛け全盛の昨今・・・「オモリ=釣れない」 症候群は今も続いているのだろうか?

ukiuki_zeroIMGP2727.jpg

かく言う自分・・・以前はウキ止めを付けないゼロスルスルもどきのスタイルを多用していた。
ハリスを長めに取り、基本的にオモリは打っても極小サイズを1個・・・。
目に当たる釣り雑誌のほとんどが、こんな感じの釣り方を紹介していたので、ゼロのメカニズムも良く分からないまま流行に染まったのだが、とある理由でウキ止めを付けてタナを探る釣りが多くなり、それと同時に重いガン玉も使うようになって今に至っている。

当然、2Bや3Bの使用は日常茶飯事で風やサラシがあると即、出動となる。(笑)
そして、今では2ヒロ程度の浅いタナを釣る場合においてもオモリを打っていないと妙な不安感を覚えるようになってしまった。  その不安というのは ”入っているか!” と ”張れているか!” 
釣りに付き物である疑心暗鬼なのだが、ここまでの不安を覚えると、これはこれで立派な症候群と言えるのかもしれない。

morino_ikada_15838.jpg

さて、その 「軽い仕掛け張れてないかも不安症候群」・・・よーく考えてみると軽い仕掛けをピンピンに張ってそれなりのタナに入れ込んでいくのはどう考えても難しい。
道糸に抵抗が掛かると簡単に浮き上がってしまう軽い仕掛け・・・サシエの自然さを演出するのには適していても、それに至るまでのあらゆる操作はかなりシビアになるだろう。
名手によって世に出され、何故かボコボコと釣れるので台頭したゼロスタイルであるが、これは誰にでも扱えるようなシロモノではないと考えるのが妥当であり自然なのではなかろうか・・・。
自分の場合、重い仕掛けは自信を持って扱えても軽い仕掛けの操作に自信がないため、いろんな不安感を覚えるのは当然と言えば当然なのである。

ゼロ・スルスル使いの釣り師曰く : 「どこまで我慢できるかなんよ・・・。」

この我慢っていうのは私の覚えるオモリを打っていない事への不安感を指しているのだろうか。
釣りは想像であり、どんな釣り方や仕掛けを駆使しても絶対的な正解はなく、その答えは自分の満足感とその結果のみで返ってくる。  故に一つの手法に固執せず様々なアプローチを楽しみ実践するべきだろう。

重い仕掛けを使うようになってからあらためて再認識した「3Bの存在価値」・・・。
次は自身における 「ゼロの存在価値」 を自分なりに考えてみたいと思う。
秋のシーズンに入ったらゼロスタイルにおける我慢する心を鍛えてみようかな・・・。(笑)
涼しい部屋で読んだ釣り雑誌・・・脳内のイメージは大きく膨らんだ。
メルトダウン並の破裂は近そうである・・・。 ψ(`∇´)ψ ケケケッ


にほんブログ村 釣りブログへ

こんばんは。

簡単であって難しい問題ですね(笑)
私の考えはどっちも釣れる!です。
やはりエリアや時期で変わってきますよね。

重要な事は魚の居るタナにどうやってツケエを届ける事でしょうかね。
これが憶測や経験でやるからおもしろいのでしょうね。
私なんぞいつも思った事と反対の事ばかりです(笑)
日々修行です!

メルトダウン…穏やかではないですなぁ(笑)
小生、チヌ釣りから入りましたのでオモリに違和感はありませんが…。
小次郎は頻繁に使います。小生のような下手糞にも張りがとれる気がしますので。
久しぶりにyukimaru文体を感じました(失礼)
小生も修行を続けます。

>naoさん

naoさん こんばんは!
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、エリアや季節も重要なファクターですね。
これが正しい!っと絶対に言えない事が面白くもあり悩みのタネでもあります。
特にタナ・・・いつも迷います。(笑)

想像の思いを張り巡らせて魚と勝負!
決まったパターンが無いってのが面白いですね。
自分も日々が修行であります。


>鮎福屋さん

鮎福屋さん こんばんは!
コメントありがとうございます。

心は既に暴走モードです。(笑)
・・・で、久々に長々と書いてみました。

かく言う自分もそうですが「ハリコミ小次郎」の信者さんは多いですね。
どんな釣りも仕掛けの張りは重要だと思います。
オモリを打たない張りの演出・・・どこまで出来るか今秋のテーマです。

こんばんは!

オモリを打つのか、打たないのか…永遠のテーマですね。
魚の口に餌を届けるのは同じはずなのですが、不思議と差が出る事がありますね…。
いまだに良く分かりません^^

いずれにしても、何でも出来る方が有利でしょうね☆
地域地域で、有効な釣り方があるように思います。
常に頭をマッサージして!?柔らかく
そして、柔軟に貪欲にいろんな釣りを吸収したいと思う今日この頃です!(*^^)v

>クロ兵衛さん

クロ兵衛さん おはようございます!
コメントありがとうございます。

オモリを打つ打たないは、その時の状況の見極めでしょうがこれが難しい。
自分の場合は打たないと不安になるので、今の時代を逆行しているようです。(笑)

おっしゃるように、どちらも出来る方が有利ですもんね。
より軽い仕掛けをタナまで入れ込む・・・今秋は我慢の特訓になりそうです。(笑)
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2