釣りにおける「スミイチ」・・・

我輩は尾長グレと呼ばれている。
五島列島での産卵を終え、体力の回復を計りながら、ここ高島に回遊してきた、とある一派の長である。
仲間、二十数匹と共にやって来たのだが、数匹は途中に立ち寄った磯で人間に釣り上げられてしまった。
通常の体力なら逃げ切れたのかもしれないが、いかんせん産卵直後である。
体力不足により十分な戦いが出来なかったようだ。

さて、ここ高島・・・潮流が豊富で水深があり瀬の居心地は我々好みとなっている。
島をぐるっと一周してみたが、特に西側の潮質が良く隠れる場所も多い。
食料のオキアミにも困らないし、太ハリスと大きなハリを使うカゴ師が多いので、間違ってもハリが仕込まれたオキアミを食う事はないだろう。初めて回遊してきた海域であるが、とても住みやすい所であるな。

しかし、梅雨入りが近くなった最近、オキアミと配合薬を操るフカセ釣り師が多くなってきた。
経験の少ない若い衆は、この配合薬の臭いに弱く、ついついハリの仕込まれたオキアミを口にしてしまう。
ハリの仕込まれたオキアミを口にした場合、一気に飲み込んで歯でハリスを擦り切るか、圧倒的な尾ビレの力で釣り人の力量に打ち勝つしか逃げる方法はない。
かつてはエラの刃でハリスを切っていたのだが、今はそれも出来なくなった・・・。
とどのつまり、ハリの仕込まれたオキアミは絶対に口にしてはいけないのである。
生オキアミと配合薬が磯の近くにある時は天敵がいる・・・口を酸っぱくしてそう教えてはいるが、経験の少ない若い衆が多く、このままでは我輩の一派は来年の産卵まで生き残れないかもしれない。
今更、海苔は食いたくないし、安心して生のオキアミを食う方法はないものだろうか・・・。

iwaguchi_gouIMGP2340.jpg

 さて、今日の昼飯場は「イワグチ」と呼ばれており、我々が好む磯のひとつ。
今は午後1時30分・・・今日も一人の釣り人がやってきてオキアミを撒いている。
水深5mのところで様子を伺うと・・・落ちて来たオキアミは好物の生! それも配合薬入りだ。
ボイルも混じってはいるが、これは暴君ヒラソが拾うだろう。 
潮はゆっくりと上げているので、昼飯を食うには良いコンディションである。
問題は若い衆がハリの仕込まれたオキアミを冷静に見切れるかどうかだ・・・。

不安を感じながら落ちてくるオキアミを食べていると、釣り師の使う「ウキ」なるものが投げ込まれてきた。
実はこれがクセ物・・・。
これが投げ込まれるとハリの仕込まれたオキアミが必ずその下方に存在するのである。 
ハリの仕込まれたオキアミは年相応の目でよーく見ると、沈み方や漂い方が他のオキアミとは違うので解るのだが、配合薬に脳をやられた経験の乏しい若い衆にはその判断がつかない。
ハゲ一族がいてくれれば、ハリを剥き出しにしてくれるので助かるのだが、いつもいる訳ではない。
そうこうしているうちに、抑えの効かなくなった体長42cmの若い衆が手当たり次第にオキアミを食い始め、
1つのオキアミめがけて猛突進!

「待てっ!!!」  しかし、彼の食い気を制する事は出来なかった。

彼はオキアミを口に入れた瞬間、違和感を感じ吐き出そうとしたが、不運にも何かがクチビルに引っ掛かってしまった。 そう・・・それは、ハリの仕込まれたオキアミだったのだ。
彼は自由を抑制される得体の知れない抵抗感にビックリして海底の隠れ家に逃げ込もうとするが、強烈な力によって上に引っ張り上げられている。
真下は無理と判断したようで、潮下側にある休憩所に逃げ込もうと全力で尾ヒレを振るが、自分の力が仇となり徐々に海面近くに浮かされてしまった。
尻尾を咥えて引っ張ってやりたい・・・が、悲しいかな我々の口はそんな構造に出来てはいない。
海面近くに行っても諦めず、何度も潜ろうとしているのだが 「タマ」 なるものに捕まってしまった。
あれに捕まっては逃げる事叶わず・・・また一匹の仲間を失う事になってしまった。

 途方にくれていると、数匹の若い衆が狂ったようにオキアミを食っている。
上げの潮が勢いを増し、彼らの食欲中枢を刺激しているようだ。
まだ「ウキ」は落ちてこない。 冷静に食え!っと諭すのだが、彼らは無我夢中で聞き入れてはくれない。
このままでは、どんどん仲間が減ってしまう・・・。
そこで、我輩は、投げ込まれる「ウキ」の下にある「モノ」を見切る事に・・・。
潮下に流れていったオキアミの方が美味いぞ!・・・っと仲間を騙し、「イワグチ」の前から仲間を追いやる。
そして、我輩は放り込まれた「ウキ」の動きと、その下にある「モノ」の特性をゆっくりと観察した。

yukimaru極G2

「なるほど・・・だんだんと読めてきた。V(`∇´)V」

今の潮流では、ハリの仕込まれたオキアミが他のオキアミと同化するのにかなりの時間がかかっている。
「ウキ」が放り込まれ、その先にあるハリの仕込まれたオキアミが他のオキアミと同化するまでの時間を見切り、それまでに撒かれたオキアミとそれ以後に撒かれたオキアミを食えば問題はないはずだ!
潮下に行っていた仲間が帰ってきたので、その事を伝えて同化するまでの時間を教える。

「怒られずに安心して美味いオキアミが食べられるなら・・・」

薬で頭をやられた仲間も、なんとか理解してくれ、皆で安心して撒かれたオキアミを頬張った。
とにかく時間を・・・そして、タイミングを守って食いまくった。
午後3時・・・我々は腹を満たしたので、次の磯に向けて回遊する事に。
今日、来た釣り人・・・道具にyukimaruと書いてあったが、スキルの低いヤツで助かったな。
仲間を1尾失ったのは残念だが、悔やんでも仕方ない。 これを次への教訓とし、皆で学んでいこうと思う。

おい yukimaru!・・・リベンジに来るならオキアミ10枚は持って来いよ! 遊んでやるから!(笑)
                                     


一投目で本命をGetするも、その後はサッパリ・・・。
今月、「イワグチ」で2回も経験した 「スミイチ」 であるが、実はこんな話があったらしい・・・。(笑)
道理で上手くいかないハズだ・・・。

「スミイチ」の内容については 「うちの玄関」 にて・・・

にほんブログ村 釣りブログへ

こんばんは!

この記事…面白いです!^^
見入ってしまいました♪

まず第一に!知能の高い年配を騙す事を検討せねば!
でも…騙しても勝てるかな?(汗)
若造に遊んでもらうしか^^

>クロ兵衛さん

おはようございます!

今月、同じ磯で2回も遭遇した事実・・・。
実はこんな感じだったのでは?・・・っと思い書いてみました。
自己満足のブログですが、面白いと感じていただけたなら幸いです。m(__)m

狡猾で賢い尾長は松田先生でも嫌がっておられます。
素直に若造君に遊んでもらいましょう! (笑)
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2