全遊動

今の流行りに全遊動釣法がある。
全遊動=スルスル=全層=千釣法=イケイケ・・・
調べてみると、名前は違えど基本的には同じ釣り方。
ご存知のように共通点はウキ止めを付けない事である。
自分でタナを決めない釣り・・・何故、流行るのだろうか?
答えは”釣れるから!”に他ならない。
この釣りは寒の釣りのように下からナンボではなく、上からナンボ・・・。
つまり、浮いてきやすい魚をターゲットにしていると言えるだろう。
また、活性の高い魚用とも考えられる。 ウキにアタリが出難いので当然と言えば当然。
一気に走ってもらわないと釣り人にとって都合が悪い。 
ウキのメーカーさんも糸落ちが良く、アタリが明確に・・・っていう相反する全遊動ウキの作成に苦慮しておられるようだ。
自分は足元から本流ゴンゴンが通す場合、この仕掛けを多用する。
当たり前だが、そんなフィールドは多くはない・・・男女群島くらいだろうか。
他には瀬戸内海の浅場での遠投釣りにも有効。 ただし、マキエワークが難しい。。。
流行ってはいても使い分けが大事・・・適材適所ではないけども結局、釣りはそれが大事なのかも。




にほんブログ村 釣りブログへ

おはようございます!
先シーズンから全層を採り入れたshigeです。 しかしながらレッスン期間ももう終わり。 やはり半誘導がええです。 自分のブログのコメント覧にもかきましたが、これからは時期+釣り物限定でやってみます!
いや、もうあまり出番がないかも(汗)
対応のウキも釣研のRGを1個しかもってません。もともと、あまり全層に乗り気じゃなかったですから(笑)
しかしながら、今の自分、昔より大分頭が柔らかくなりました。引き出しの中が増えた分、悩みも増えました。(汗) 
釣行時タックルの変更多い私としては横着になってました。(全層時はジンタン増やすか減らすかだけ…)
適材適所!これが1番ですね! 考える事が多い”フカセ”やはり面白いですね。

>Shigeさん

お悩みだったようで・・・。

結局、タナを決めきれない時や1ヒロ~3ヒロ以内に浮きまくる魚がいる場合に選ぶ釣法でイイのではないでしょうか?
「するけど好きじゃないんよ!やっぱりタナを決めての~・・・」そんな頑固なスタイルがあってもイイと思いますよ。

こんにちわ
そうですね、使い分けが1番ですね
僕は今スルスルから重い仕掛けの練習をしていますがシーズンを通してタナをとる釣りをしっかりとしていこうと思います
GW明けから忙しくなるのでまたまた行けなくなる日が続くと思いますが落ちのチヌで結果を出したいと思います
またおじゃまします

>赤い彗星さん

コメントありがとうございます。

ある雑誌で”ゼロ仕掛けの功罪”と書かれていました。
軽い仕掛けが流行り、入れられない釣り人が増えたとか・・・。
そんな釣り人が増えたのは有名テスターやメーカーにも責任があると思います。
自然が相手の遊びですから、彗星さんの言われるとおり使い分けが大事ですよね。
両方使えれば無敵ですよ・・・たぶん。。。
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2