魚から想像したリリース

魚にとって人間が行う「釣り」は迷惑極まりない行為である。

ある1尾は奇妙な動きで本能をくすぐる物体を捕まえたら、それにはフックといわれる大きな仕掛けが付いていた。また、ある1尾は生きるために必要な「エサ」なるモノを口にしたら、その中には針なるモノが仕込まれていた。どちらの魚も口に妙な違和感を感じたので、ビックリして海中深くの安全地帯に逃げようとしたのだが、何故だかその動きは封じられ、やがて水の無い世界へと無理やり連れて行かれてしまった。
呼吸が出来ない・・・ 体が乾く・・・

初めて見る人間。
彼は私を手に取ってシゲシゲと見つめニンマリ・・・・・。
「細いラインを使って陸っぱりから対等に戦って取ったゼ!」 
彼は嬉しそうに笑いながら私を写真に納め・・・ 「良いファイトをありがとうな!」 
そう言いながら私を水の中へと返してくれた。慣れ親しんだ水中・・・訳が解らずとにかくその場から逃げる私。その逃げる途中、口に空いた大きな穴と剥がれた鱗の間から流れ出る自分の体液に気がついた。体のあちこちにできた傷が抵抗になって上手くは泳げない。私の臭いはダダ漏れで海中には自分を食べようとする天敵だらけ。こんな状態で、明日まで生きていられるのだろうか・・・? 逃げ惑う中、キツイ疑問が頭をもたげた。

私は不思議な動きをするモノを捕まえて遊びたかっただけ。道具を使って不公平な綱引きを強いる「あなた」の存在は知りません。結果、自分の欲求を満たすために私を傷つけておいて 「・・・ありがとう!」 はないでしょう。水に返してはくれましたが、傷付いた身です。明日まで生きていられる保証はありません。結局、自己満足という事をあなたは解っていますか・・・。


キャッチ&リリース。
この行為を絶賛し、「私の釣りは君とは違う!」 っとばかりに自慢する人がおられますが、魚はこんな風に思っているかもしれません。どう上手く言いまわしても、「魚釣り」は「業」の深い行為(あそび)。逃がしても、食べても、殺してもその本質は変わらないという事を理解したいものです。

にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2