男女群島再遠征 3日目

16:00過ぎ・・・ 「荒磯かぶり」の我々を回収したブラックカイザーは、「佐藤のハナレ」に乗っていたHIDEさんを回収・・・。クロで大きく膨らんだドンゴロスを持ったHIDEさんと船上で暫しの情報交換を行います。ブラックカイザーは名礁群の立ち並ぶ中ノ瀬戸から東へ転進。今夜は北東の風が吹き荒れるとの事なので、今夜の宿はおそらくワンドの奥・・・そう思いながら今夜の食料の食材をクーラーから出していると・・・
「yukimaruさ~ん 行きましょう!」 
意外にも中ノ瀬戸から出る前に声が掛かり、ブラックカイザーがホースヘッドを押し付けたのは、昨夜の晩、お世話になった「吉田の3番」の隣磯である「吉田の4番」でした。
「明日の朝はヘリオスが来ますから…」
山見船長はマイクでそう告げると、ブラックカイザーの船首を女島に向け走り去って行きました。

まだ明るい時間帯ですので、昼釣りを続けるべきなのですが、降り続く雨が容赦なくヤル気を削いでくれるので、再び竿を持つ気にはなれません。結局、ブルーシートで簡易テントを張り、その中に逃げ込む事に・・・。小降りになったら釣ろう!・・・そう思っていたのですが、夕食に用意したアツアツのおでんを食べ、暖かいストーブで暖を取ったらもう最後・・・とても冷たい雨の中で竿を振る気にはなれず、そのまま寝袋の住人となってしまいました。

0309DSC0042914.jpg

0309DSC0082474.jpg

午前4時・・・起床
雨にもメゲずに竿を振っていた高島師匠に状況を聞きますが良い返事は返ってきません。もっと寝ていたい気分でしたが、ヘリオスの見回り時に寝ていてはカッコが悪いので、寝袋からゴソゴソと這い出して防寒着を着込みます。すぐに釣りをする気にはならず暫しの間、ボー・・・っと佇んでいると、轟音と共にブラックヘリオスが来磯。弁当とエサを受け取りながら海の状況を聞いてみると、北東風が強くなるけども昼までは大丈夫だろうとの事でした。

「昼頃に来ま~す。荷物を纏めとってくださいね・・・。」 ・・・と南船長。

ブラックヘリオスを見送り、温かい弁当をいただきます。弁当を食べ終わった頃には、辺りも白々と明けてきたので、ブルーシートを片付けて昼用タックルの準備に掛かりました。

0309DSC00434.jpg

0309DSC00432.jpg

今は上げの時間帯。ヨレを伴った豪潮が西にゴンゴンと流れているので、昨日の「荒磯かぶり」と同じタックルを組上げます。そして、タックルが組み上がったところでマキエを撒いて久しぶりとなる釣りを再開。中ノ瀬戸の潮流に仕掛けを放り込んでみます。2日続けての本流釣りにワクワクしながら、パラパラと出て行く道糸を見送っていると、20m程度流れた所でバリバリバリ~! お決まりとなった本流アタリに興奮しながら合わせをくれて戦闘開始!しつこくしぶとい引き味は尾長のそれで、強い潮流も手伝ってか簡単には寄ってきてはくれません。 
「これでもかっ・・・!」  尾長の名前を冠した竿を更に大きく引き絞りウオとの間を詰めていきます・・・。すると流石のウオも参ったとばかりに足元まで寄ってきました。

0309DSC00435.jpg

潮流豊かな「吉田の4番」の破壊力は相当なモノで、その後もウオは順調にHit!
昨夜のサボリを取り返すかの如く、ドンゴロスは次第にその膨らみを増していきました。

0309DSC00441.jpg

0309DSC00447.jpg

0309DSC00446.jpg

11時50分 ブラックヘリオスが見回りにやって来ました。夕刻までここ「吉田の4番」で出来ないかと聞いてみましたが、風が北西風に変わってきているので危険との事。昼間っからでもオナガがバンバン当たってくる磯なので、後ろ髪を引かれる思いでしたが、船長の言う事は絶対・・・。残念ですが「吉田の4番」を撤退する事になりました。

次にヘリオスが連れて行ってくれたのは、「シケシラズのハナレ」。
お初の上礁となりますが、何とも表現のしようも無い臭っさいタイドプールのある磯でした。
このタイドプールの臭いだけで我々の戦意は喪失・・・とても夜を過ごす気にはなれません。高島師匠は昨夜の疲れが出たのか竿を納め、マットを敷いて高イビキ・・・。私も寝ようかと思いましたが、まぁ、一投くらいはやってみようと仕掛けを変化の無い海に放り込んでみました。

0309DSC00454.jpg

ウキにアタリは出るのですが、ハリに乗りません。軽い仕掛けに換えてハリを小さくすれば乗るのかもしれませんが、ここは男女! 面倒臭いので、そのまま妖しいアタリをビシバシ掛け合わせていると・・・・・・

0309DSC00452.jpg

正体判明! 流石にこれ以上仕掛けを海に入れる気にはなれず、竿をたたむ事に・・・。
結局、ヘリオスの見回り時刻まで昼寝をする事になりました。

0309DSC00457.jpg

16時50分 ブラックヘリオスがやってきました。
この臭い磯で夜を過ごす気にはなれん事を告げて船に乗り込みます。・・・で、何処に泊まるか・・・って事になるのですが、吹き始めた北西風は15m超! どの風裏の磯も釣り人が入っており、良さげな磯はありません。他のお客の見回りを兼ねて、あちこちの磯を探訪しましたが、泊まりたいような磯は無く、結局、船に泊まろうという事になり、ブラックヘリオスに寝る事となりました。

翌朝には磯に上がる予定で船中泊。南船長、相川さんの造る美味しい料理に舌鼓を打ち、面白い話とビールをたらふく頂いて21時には就寝・・・。翌朝は早くに目覚めましたが、強烈な北西風は昨夜と変わらずビュービュー状態。 結局、その強烈に吹きすさぶ風に心が折れて、完全なるリタイアを決定。そのまま船尾のベッドで田平港まで寝て帰ることになりました。

にほんブログ村 釣りブログへ

夜の男女

こんにちは。
相変わらず、すごい所ですね~
五島に行った時、色々と恐い話も伺いました。
寝ている時に、脚を引っ張られるとか(笑)
ああ、それで以前、ズレ防止シートの記事があったのかと、妙に納得してました(^^;
外国から来られる釣り人も多いと聞きましたが、日本のいい思い出になる事でしょう(爆)

>楽竿作者さん

楽竿作者さん おはようございます。
コメントありがとうございます。
遠征していたので返信が遅くなりました。m(__)m

慣れたら下五島釣行よりもある意味手軽ですよ。(笑)
怖い話し・・・どの磯でも聞きますが、私は未だに経験した事がありません。
人相が悪い上にイビキが酷いので近寄ってこないのだと思います。(笑)
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2