男女群島再遠征 初日

前回の遠征は天候悪化による無念の途中撤収・・・。消化不良状態で帰ってきたので、すぐにでも再遠征の心づもりでしたが、天気と本業の予定が噛み合わず、おおよその日程を立てたのは2月は中旬の頃でした。早速、「あじか磯釣りセンター」に近日の出港日程を問い合わせてみると、17日出港の1泊2日、19日出港の1泊2日、21日出港の1泊2日か2泊3日・・・との事。出港日が3択となった訳ですが、気になる天気はどの日程も微妙な感じなので、なるべく釣行人数の少ない日を選ぶ事に・・・。徳島の釣友であるHIDEさん情報によると、19日からは山元名人率いる「八釣会」がヘラクレスをチャーターして男女入りとなるそうなので、その面々が帰って来る21日からの2拍3日の航海にエントリーする運びとなりました。

0221DSC00374.jpg

21日の日曜日、高島師匠と広島を午前5時30分に出発・・・。中国自動車道は雪の舞い散る天候でしたが、渋滞も無く、午前11時前には「あじか磯釣りセンター」に到着しました。事務所で同じ日程を消化する事になったHIDEさんと久々にお会いし、あーだこーだと釣り談義・・・。(笑)
その談義が一段落したところで、荷物を船へ積み込む準備に取り掛かりました。事前情報によると、今回の航海はブラックヘラクレスとの事。しかし、当初20名余りの予約人数が何故か一気に膨らんで70数名に・・・。その中には偶然にも我が居住区在住のO君の姿もありました。 (驚)
「どの船に乗るんかのぅ・・・」 
結局、男女群島から帰ってくるヘラクレス、ヘリオス、カイザーの3船全てが折り返しで出港する事になり、2泊3日釣行のグループは全員、ブラックカイザーに乗る事になりました。

0221DSC00375.jpg

午後14時、20数名の釣り人を乗せたブラックカイザーは田平港を一番手にて出港・・・!
オナガの楽園、男女群島を目指します。

0221DSC00379.jpg

いつもなら船尾のベッドに潜り込んで寝てしまうのですが、今回は滅多に会えない釣友との同船。なので、ベッドに横になる事なくブラックカイザーの航海を楽しみながら会話を楽しみます・・・。下五島釣行の際、フェリー万葉で見る椛島の灯台を見た後は、荒海の境界となる下五島の大瀬崎を見物。外海に出てからはシケの余韻で船の揺れは徐々に酷くなりましたが、午後17時30分、ブラックカイザーはトラブル無く男女群島は男島に到着。
まだ西磯には行けないようで、男島は「中村瀬」から瀬着けが始まりました。

0221DSC00382.jpg

「次、yukimaruさん 行くよ~」
山見船長から声が掛かったのは、中ノ島の「渡辺瀬」を過ぎたところでした。
「すわっ了解!」 自分らの荷物を確認しながら、ホースヘッドを陣取るポーターさんに荷物を手際良く渡します。 すると・・・・・
「yukimaruさ~ん 何処に行く・・・?」 ・・・っと山見船長 (汗)
「中ノ瀬戸の中には何処まで行けるん・・・?」 素朴な疑問が頭を過ぎりましたが、後ろからはヘリオスとヘラクレスが迫って来ているので、ゆっくりと考える時間はありません。本音は「佐藤瀬」辺りの様子を見に行ってみたかったのですが、ウネリで乗れなかった場合、後の人に迷惑が掛かります。ですので、ジャストのタイミングで目に入った、「吉田の3番」をお願いする事になりました。

0221DSC00383.jpg

ここ「吉田の3番」は以前、昼~夜明けまで滞在したことがあるので勝手は知ったるナントヤラ・・・。荷物を高手に置き、先ずは本釣行の安全を祈願しながら日本酒で乾杯!明るいうちに夜釣り用の鬼タックルを組上げる事になりました。

・ 我夢者5号50
・ レマーレ8000D
・ サンライン ブラックマークX8号
・ サンライン Vハード8号
・ キザクラKZ37 1号 + 水中ウキ1号
・ 夜釣王 6号

高島師匠が「吉田の4番」側のワンド、yukimaruは船着きを陣取り、辺りが暗くなってきたのを頃合いに夜釣りの開幕・・・。マキエをドバドバと足元に打ち、ゴッツイ男女の夜仕掛けを吉田の海に放り込みます。ケミホタルを背負ったウキはゆっくりと右方向に動き、ある所を境に「吉田の4番」方向に一気に流れて行きます。表層だけがやたらと速く釣り辛い状況でしたが、我慢我慢の手返しを続けていると、一気にケミホタルが走るアタリをキャッチ!違和感満載で合わせをくれてやると、けっこうな強さの力が返ってきました。上がってきたのは前回の遠征でも喰って来た50cmはあろうかというサバ・・・。 「またコヤツかい・・・  (´Д`;)」
群れで回遊する King of 青物 ・・・サバ。 コヤツがあまりに多いと釣りにはなりません。
(´Д`;)/ヽァ・・・ な感じの開幕となりました。

0221DSC00386.jpg

エラを取ってお腹を出して・・・この鯖を美味しく持ち帰るにはけっこうな手間が掛かりますが、後々の楽しみの為には致し方ありません。未解凍のオキアミを入れた土のう袋の中に捌いたサバを収めて、次の一投を放り込みます。すると先ほどと同じく、潮が速くなる所で再びアタリをキャッチ!上がってきたのは、先ほどのより一回り太いサバでした。

潮が通すところで必ず喰ってくるサバ・・・。サバばかり釣っても仕方ないので、サバの居ないであろうポイントを探します。船着きの左側に仕掛けを投入し、淀んだ緩い潮の中を探索。そのままダラ流しにすると、再びサバが喰ってくるので無理やり磯際に引き付ける感じ・・・。すると、指を掛けていたハリハリの道糸が一気に持っていかれました。 「まったサバかいっ!」
ベールを戻して合わせをくれてやると、ガゴンガゴンと引き回ります・・・が、先ほどのサバの引きとは違う感じに 「本命かのぅ・・・」 
期待度激高で磯上にブリ上げます。キャップライトを当てて魚体を確認、そこには目寸40半ばの嬉しい本命が横たわっていました。

0221DSC00388.jpg

サバが連発ならオナガも連発で・・・・・甘~い事を考えながら次の1尾を狙いますが、ナカナカそうは問屋が卸しません。あっちを釣ったりこっちを釣ったり・・・途切れがちになる集中力を繋ぎ止めながら、妖しく光るケミの光を目で追います。潮に乗せて流すとサバが喰ってくるので、張って張っての磯際引付作戦。そして、追いのマキエを打とうとシャクに手をやった瞬間、バリバリバリ~っと一気に道糸が出ていきました。左の掌でスプールを押さえて合せ一閃!親指でリールのベールを戻して戦闘態勢に入ります。すると、ウオは一気に沖にピューっと爆走! (゜◇゜)ガーン
その走り方にサバを確信、バレてもかまわん!・・・っとばかりに豪竿「我夢者」の胴を思いっきり引き締めると、異様に重い重量感が返ってきました。浮くのがイヤなのか、妙な引きでやたらと暴れるウオ。その力を削ぎ取るよう、更に豪竿の胴を引き締めると、その力に屈したウオはバチャバチャと海面で羽を叩くように・・・。けっこうな重さがあるので、ゆっくりと左側に回して・・・・・

「うおおおぉりゃぁぁぁ・・・・・」

月明りの下でブリ上げた魚体は本命らしきそれ。竿を置いてキャップライトで魚体を確認すると見事な体躯の尾長君。久々の60超えなるか・・・って事でスケールを当てて魚体を計測。 

56、57、58・・・・・59? 58.5!?   (´Д`;)/ヽァ・・・ 60無いわい。

惜しくも60チョイ足らず・・・しかし、昨年に続き、「らしいデカバン」 捕獲となりました。

0221DSC00389.jpg

1時間少々のインターバルで2枚の本命を捕獲。高島師匠も本命を取っていたので、魚の活性は良さげな感じ。夜明けまでの時間を考えると、今夜のドンゴロスは「立つぞ~」と密かに心の中はギッヒッヒ・・・。ほくそ笑みながら次の本命を探して仕掛けを放り込みます。

しかし、それからというもの、何処を釣っても流しても本命からの魚信は無く、次第に集中力は欠如する事に。気分転換に飯でも食おうと腹を満たしたのはイイのですが、腹の皮突っ張ればナントヤラ・・・波状攻撃で襲ってくる強力な睡魔には勝てず、哀れ寝袋の住人に。目が覚めたのは午前3時頃でしたが、快適な寝床から出る事叶わず・・・結局、この日の夜釣りは終了となりました。

0222DSC00399.jpg

にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2