下五島 黄島へ釣行!

 【磯釣り探検隊】 の管理者 naoさんと下五島のグレパラダイス「黄島」に釣行しました。

毎年、恒例の黄島釣行ですが、今年は1月に行ったきりで、かなりのご無沙汰。黄島大好きの私としては、何とかならないものかをnaoさんに相談・・・。多忙な師走にもかかわらず無理を利いていただいて、今回の釣行となった次第です。

12月12日(土) 8時5分発のフェリー万葉に乗り込み、長崎港を出港!
福江港まで約3時間の航海ですが、海況は最近お決まりのシケ状態でした。 (´Д`;)/ヽァ・・・

1212DSC00099.jpg

午前11時15分、フェリー万葉は福江港に着岸・・・。

今回の釣行は人数が少ないので、ここから黄島海域へ渡す渡船「おうしま」の発着港である塩津港まで陸路を行く事になります。いつもはジャンボタクシーかレンタカーを利用するのですが、当日はnaoさんのご友人である 【GOTO釣KEN@福江島】 の管理者turikenさんの車で送ってもらう事になりました。w( ▼o▼ )w アリガトウゴザイマス...

1212DSC00101.jpg

12時05分・・・渡船「おうしま」に荷物を積み込み塩津港を出港。 美漁島を目指します。

港を出ると海はけっこうなシケ模様、フェリーでは感じなかった揺れが渡船「おうしま」を襲います。
スロットルを開けたり閉めたり・・・けっこうな揺れに身を預けること約20分、渡船「おうしま」がそのホースヘッドを押し付けたのは黄島は大美漁島の「ヒラバエ」という磯でした。

1212DSC00106.jpg

最近、よく乗る御馴染みの「ヒラバエ」ですが、今日は北東風が強烈でかなり難儀な予感・・・・・・。15時には風裏となる「撮影所」に入る予定なので、それまでの約2時間は「我慢釣り」と心に決めて準備に取り掛かりました。

マキエを撒いて仕掛けの考察・・・いつものパターンですが、今回も上五島は「ママコ瀬」釣行時と同様に、風の強さだけで仕掛けを選定。竿1.75号に道糸・ハリスは2号、想定するタナは3ヒロ~竿1本半。ウキは持って来ている松田シリーズの中で一番のヘビー負荷を背負えるヤツを選んでみました。 

1212DSC00113.jpg

釣り座は風を左後方から受けながらの沖向き方向。先にマキエを打って仕掛けを放り込みます。竿先を海面下に沈めながら、追いのマキエを打ち、仕掛けをジワジワと張り込んでいくと、ヘビーな負荷を全身に受けたウキはジワリと海面に座り込み、徐々に潜航を開始。道糸が受ける風の影響に気を置きながら竿を操作していると、我が分身であるウキは明らかに別の力によって、海中深くに消えて行きました。

1212DSC00115.jpg

上がって来たのは、黄島らしい尾っぽの白いクチブト君・・・。幸先の良い一発にニヤリっ・・・としながら、隣の釣り座に目をやると、naoさんも良型を仕留めておられました。

風が強いのでマキエと仕掛けが合っているかは、はなはだ疑問・・・。おまけに糸フケが出放題なので、微妙なアタリを掛け合わす事は全くできません。そんな状況なのにクロの釣果が望める・・・この事実は黄島海域の海が如何に豊かであるかを物語っています。

1212DSC00126.jpg

14時45分、渡船「おうしま」が見回りにやってきたので、当初の予定どおり風裏へ入るべく瀬替りをする事に・・・。場所替えの選択肢は「撮影所」かその隣にある「ハナレ」。どっちがイイのか船長に尋ねてみると、最近は「ハナレ」の方がデカい傾向・・・との事。なので、よーくよく考える必要もなく、自然と「ハナレ」に上礁する流れとなりました。

1212DSC00132.jpg

余談ですが、「撮影所」には某社のVIPを接待(?)するべく、平和卓也さんが乗っておられました。有名メーカーの看板テスターも色々とたいへんですね・・・。 w( ▼o▼ )w タイヘンタイヘン...

1212DSC00134.jpg

さて、風ビュービューの「ヒラバエ」から、ほぼ無風の「ハナレ」に移ってきた我々は早速、釣りを再開・・・。ここは無風なので軽い仕掛けに交換すべきなのでしょうが、時間も残り少ないので、そのままのヘビーな仕掛けで釣りを継続する事にしました。

マキエを足元にパラリと打ってみると・・・アブッテカモらしき魚群がドドっと襲来。
先ほどまでVIP関連の方々が釣っておられたので当たり前と言えば当たり前。自然と沖に目が向き、「らしき潮目」を探します・・・逆光の時間帯だったので見難い状況でしたが、中美漁と大美漁との水道を走っている潮に引かれて出来るヨレを発見。そのヨレを目がけてマキエの集中砲火を喰らわし、仕掛けを放り込んでみました。ウキが見えないので、後打ちのマキエもそれらしい位置に・・・(笑) そして、仕掛けを張って穂先に注意していると・・・・・ゴンゴンと竿先を引っ張る生体反応をキャッチ!竿を起こし軽く合わせてから、竿の胴を締め込むと竿の反発力にあっけなく負けたウオは素直に足元に寄ってきました。上がってきたのは「ヒラバエ」より1サイズ小さい干物サイズのクチブト君。 チョイと力抜けした1尾となりました。

1212DSC00136.jpg

結局、17時過ぎまで竿を振り続けましたが、目を見張るようなサイズUpは無く初日は納竿。
17時30分、迎えに来た「おうしま」に乗り込み、大美漁「ハナレ」を後にしました。

今晩は黄島港から徒歩1分の民宿「やました」に宿泊。お風呂をいただいた後、美味しい民宿料理に舌鼓を打ち、明日のスーパーステージに備えて早めの就寝となりました。

1212DSC00139.jpg

にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2