上五島「ママコ瀬」

naoさんメンバーを「マンジュウ」に下した後、マリンエキスプレスは暫くの間、爆走・・・。

同船していたルアーフィッシングの方たちを 「?島」に下しました。 
・・・で、次順はいさきさんとyukimaruの番なのですが、折からの北東風により、風裏となる良さげな磯はナカナカ見つかりません。そこで、Kさんと久幸船長が相談した結果・・・・・ 
「yukimaruさん ママコの水道側に上がらんね・・・?」  との事。
先客が1人いる上に風を遮るものはナッシング・・・しかし、ママコ瀬に乗った事の無いyukimaruに断る理由はありません。 「行きます!」 ・・・っと二つ返事で乗る事になりました。

ママコ瀬

マリンエキスプレスは「ママコ瀬」の北東側にホースヘッドを押し付けます・・・。沖側には先客がおられるので、水道側へ荷物を揚げて暫しの休憩。そして、先客の方に挨拶を済ませ、明るくなったのを頃合いに仕掛けの準備に取り掛かりました。

【竿】 アテンダー 1.75-50
【リール】 トーナメント 3000SH-LBD 
【道糸】 ブラックストリームマークX 2.5号
【ハリス】 ブラックストリーム 2.5号
【ウキ】 1.2g負荷 竿1本
【ハリ】 くわせ尾長7.5号

・ ここは大きな魚が居るという話を度々聞いている。
・ 潮は解らんがとにかく風が強いので仕掛けは重さで勝負。
・ オナガの臭いがプンプンする・・・。

いつもなら潮を見て決める仕掛けですが、今回は上記の理由だけで仕掛けを選択。
ピトンだらけの底物師の釣り座を借りて、初ママコ瀬での釣り開始となりました。

潮

今は下げの時間帯。 画像の黄色い矢印の方向にゆっくりと流れています。マキエを打つとスズメダイの群れがマキエの中心に群がってきますので、マキエは足元にドバっと撒いて本命用にチョロと撒く正攻法。しかし、仕掛けの投入方向に対して潮の流れが反対なのと水道側を強烈に吹き付ける風の影響で、マキエと仕掛けを上手く合わせる事ができません。仕方なく風の影響を受けない所に仕掛けを遠投し、当て潮を引いて釣る要領で釣りを続けていると、一瞬でウキが視界から消え去る ”男らしいアタリ” をキャッチ。ビックリ半分で合わせを入れて戦闘開始。引きまくるウオ・・・しかし、クロらしい重たい一本調子の引き味ではなく、どちらかと言うとガンガンと竿を叩く落ち着きのない引き。おまけに水中でギラリと白い閃光が・・・。 「(゜◇゜)ガーン ババぢゃ・・・。」
男らしウキの入りと竿を叩く引き・・・ババタレを確信し、けっこう無茶なヤリトリを敢行。しかし、抵抗しながらも徐々に浮いて来たウオの姿はババとは大違いでシマアジの如き体躯・・・。あわてて、慎重なヤリトリになったのは想像のとおりですが、タモに納まったのはシマアジではなく、コバルトブルーのヒレが美しい「ナンヨウカイワリ」でした。

ナンヨウカイワリ

にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2