ハマチの珍味

その豪快な引き味に魅力を覚え、以前は狂ったように青物ばかりを狙っていた。
面白かろう、美味かろうで調子に乗って持ち帰り続けていたら魚好きの娘曰く・・・   

「父さん、ヒラソはもう飽きたよ・・・」

中2日のスケジュールで高島のヒラソを2~3本持ち帰り、山陰不調なら水無瀬海域でハマチを物色するのだから、娘達が飽きるのも当然と言えば当然。今思えばとても懐かしい一時代だが、いつしか釣趣の乏しさを感じるようになり、最近はすっかり対象魚から外れてしまった・・・。 

釣りの対象から外れても、食の対象から外れた訳ではない。食欲の秋ならぬ水無瀬の季節を感じてか、久しぶりに青魚が食べたいな・・・なんて事をふと思っていたら、友人がボートジギングで釣ったハマチを我が家に届けてくれた。  「食べんさい・・・」

身は一晩寝かせてから食したが、珍味である胃袋はその日のうちに・・・ V(`∇´)V
胃を裂いてよく洗ってフライパンで炒めるだけの簡単料理だけど、コリコリとした食感とあっさりとした牛ホルモンを思わせる味は、まさに「珍味」と呼ぶに相応しい。

ハマチ

胃袋

ハマチ1本に1つしかないハマチの珍味。
牛のように胃が3つくらい付いていればイイのにと思うのは変だろうか・・・ねぇ。(笑)

にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2