梅雨グレのムニエル・あんかけ風味

五島列島産のグレをいただいたので、ムニエルにしてみました。
お造りではなく、何故ムニエルか・・・妙な議論になりそうですが、説明は至って簡単で、鮮度がすっごく良い魚であっても、お造りだけが一番美味しい魚の食べ方だと私は思ってないからです。
当たり前っちゃ当たり前ですが、魚にかけては絶対的なお造り崇拝者が多いのも事実。好みの問題なので定義はできませんが、お造りよりもその魚の旨みを引き出せる料理方法は世に多くあるのではないでしょうか・・・。

クロの切り身に塩コショウをふりかけ、小麦粉を付けてオリーブオイルとバターで焼くだけ。付録のあんも人参とシメジに酒とコンソメを合わせ、カタクリでトロミを利かせただけのものです。
あんを全体にドバ~っと掛けると、クロの皮のパリっとした食感が失われるので、今回はハーフ&ハーフ風にして好みで合わせるようにしてみました。

クロの身

ワインを使うともっと本格的な味になるのでしょうが、このクロのムニエルは家族にも好評で、とても美味しくいただけました。素材の良さは言うに及びませんが、クロの持つ身の脂の具合が良かったのだと思います。流石はクロぢゃ!・・・クロ釣り師としては、そう結びたいところ。しかし、奥の深いムニエル料理法・・・素材には上があるもので、単にムニエル料理法で比べると、この春、牡蠣イカダに巣食うチヌで作ったムニエルには及ばないように思います。
クロ・ファンの方々から、「そんなバカな!」 ・・・っと怒られそうですが、チヌの身の柔らかさと脂の淡泊さがムニエルという料理方法に合っているのだと思います。料理法によって、その素材の向き不向きは顕著に現れます。今回の比較はハイレベルな争いですが、色々な食べ方を試してみて、自分なりに工夫してみる。スーパーで買う魚ではナカナカこうはいきませんから、釣った魚を最後までプロデュースしてみるのも、釣りの楽しみの一つではないでしょうか。

にほんブログ村 釣りブログへ

こんにちは。
新鮮なお刺身は肉より高く、普段あまり食べられないので、私はまずお酒とお刺身を楽しませて頂いてます。
「今しかないっ!」
次はいつ食えるかわからんので(笑)

が、グレも3枚以上ある場合は、刺身以外の料理を考えます。
ムニエルは、グレのパリパリ皮がたまらんですよね。
何にして食べようか、考えるのも、楽しみの一つなのは、おっしゃる通りです。

え? 牡蠣チヌ?
そんな贅沢なもんは、参考になりませぬ(爆)

刺身を好んで食べない私は火を通した
魚が好きです。
淡白な魚でも火を通せば良い味がでますね。
クロ!今度ムニエルでやっちゃります(^^ゞ

>楽竿作者さん

楽竿作者さん こんばんは。
コメントありがとうございます。

新鮮な魚、定番はお造り。
日本においては、それが世の習いだと思います。
かく言う私もお造りは大好きです。

さて、このムニエルですが、食材で味の豹変が凄いく、イサキはイマイチでした。
皮の固さと身の柔らかさがキーワードですね。
色々と試してみたいと思います。

>いさきさん

いさきさん こんばんは。
コメントありがとうございます。

ムニエル、ナカナカ良いですよ。
チヌもクロもとても美味しくいただけました。
ソースに凝るのも楽しいので、発見があったら教えてくださいね。
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2