男女群島(再)遠征 その1

今シーズン2回目の男女群島遠征は2月23日から一泊二日の航海。当初は20日から二泊三日の予定でしたが、南からの強風予報のためズレにズレて23日~に落ち着いた次第です。人数が揃い次第、出港するとの事なので、広島を午前5時過ぎに出発。武雄北方から伊万里市を経由して「あじか磯釣りセンター」に着いたのは午前10時40分の事でした。

あじか磯釣りセンター

今回の船は前回の航海と同じく山見船長操船のブラックカイザー!男女群島に一番多く出船すると言われる船だけに、私の乗った回数もかなりもモノで、統計までは取ってませんが、5回に4回はブラックカイザーのような気がします・・・。 w( ▼o▼ )w カナリノッテルゼ!

そんなブラックカイザーに荷物の積み込みが始まったのは正午過ぎ。次々と港に入る車を横目に見ながら、山見船長と前田船長の指揮の元、皆で協力して荷物を積み込みます。そして、最後に韓国グループの団体さんを積み込んで13時10分、通常より50分早く出港の運びとなりました。

男女群島 男島

船尾のベッドで惰眠を貪る事、4時間弱・・・男女群島は男島に到着。東岸の磯を舐めるように進んで、八女の辺りから瀬着けを開始しました。八女、シケシラズ、吉田と釣り人を下しなが徐々に南下。「二重奥」に2名の釣り人を下したところで山見船長から声が掛かりました。

「yukimaruさ~ん やっと乗せれるチャンスの来たバイね~!」

「二重」から先にあるヨカ磯と聞かれれば答えは一つ。「小ザメ瀬」「大ザメ瀬」の二つの瀬から形成された男女群島の中でも別格と称されるスーパーステージ・・・「サメ瀬」!
ブラックカイザーは速力を上げながら白波を被っている 「沖の赤瀬」 を通過。沖にポツンと見てとれる孤高の岩礁を目指します。さぁ、どっちのサメに乗れるのか・・・!? シケ後だけに期待度激高でしたが、「小ザメ瀬」には香港チームが既に上礁。  (´Д`;)ハァ・・・ガックリコン
我々は「大ザメ瀬」に乗ることになりました。

スーパーステージ

ここ「大ザメ瀬」は引き潮の名礁。遮るモノの無い引きの潮がゴンゴンと沖に流れ「大ザメ瀬」のほとんどの釣り座から本流釣りが楽しめます。反面、上げの潮は「小ザメ瀬」方向に潮が流れるため、仕掛けを流し続けるには「小ザメ瀬」が邪魔になり、けっして釣り易い潮とは言えません。故に帆立岩に代表する片潮の釣り場とも言えますが、そこは男女群島の別格と称されるスーパーステージ・・・日中でも60を超えるデカバンが本流や磯際に潜んでいて型、数共に期待が持てます。 

そんな「大ザメ瀬」に乗った時刻が18時過ぎ。下げ止りに近い時間帯でしたが、少しでも引きの潮に仕掛けが流したいので、荷物の管理もそこそこに夜釣り用、鬼タックルの準備に掛かりました。

・ がまかつ 我夢者5号50 シマノ レマーレ8000D
・ 道糸8号(ブラック) ハリス8号(ブラック) ハリ (夜釣り王6号)
・ ウキ(キザクラ1号負荷) ガン玉B
・ マキエ(オキアミ生9Kg アカアミ4Kg) サシエ (生オキアミLL)

にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2