軽い仕掛けで深ダナの探索

浅いタナを釣る際には軽い仕掛けが有利で、深いタナを釣る際には重い仕掛けが有利と私は思っているが、最近、ウキフカセ釣りを始めた知人は軽い仕掛けで深いタナまでも平気で釣っている。何故、深く釣るのにも軽い仕掛けを使うのかと問うと、口を尖がらせて重たい仕掛けでは魚が口を使わないから・・・と答えてくる。口を使わないとハリには掛からないので、おそらくは、その第一段階を突破するがために軽い仕掛けを使っているのだろう。迷信とも思える軽い仕掛け一本槍の信者達は全ての喰い渋りは重い仕掛けの影響だと考えているのかもしれない。

仕掛けの張り、張りの角度、タナの設定・・・これらは密接な関係があり、どれか1つでも間違いが生じれば魚は釣れない。正確には釣ったとは言えないのが正しい表現であるが、これにマキエとの同調要素が加わると更に難易度は上がってしまう。

自分の仕掛けは狙ったタナ(魚のいるタナ)に入っているのか? 

風、潮、サラシ、水圧などなど様々な要因が仕掛けは入っているよ・・・っと釣り人を騙してくれる。軽い仕掛けは深ダナに入りにくい事を認識し、同時に食わせようとするポイントでマキエとサシエが合っているのかも考えてみなければならない。つまりはタナが浅いと有利(簡単)だが、タナが深いと難しいと言われる所以はここにある。

竿2本以上の深さを軽い仕掛けで釣るのは本当に難しく、釣りを始めたばかりの素人が簡単に手を出せる釣り方ではない。本に書いてあるからそうするのではなく、あれは本に出るような名人だから出来るのだと理解するべきである。 そして、一度は重たいとされる仕掛けを使ってタナと張りの重要性を考え、それから軽い仕掛けを使ってその難しさを経験してみるのが良いのではなかろうか・・・。 

〇〇君。 気に障ったらゴメンね・・・。 w( ▼o▼ )w  ホント、ムズイヨ・・・

にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2