五島列島「黄島」にて

「五島列島遠征倶楽部」の面々が集まり下五島列島は黄島へ釣行! 
今回もnaoさんのコーディネートにより前日に福江入り・・・前回、お世話になった「旅の宿」に泊まり、違う意味の鋭気を養ってから黄島へと釣行する運びとなりました。 

午前7時・・・「渡船おうしま」に乗って塩津港を出港、目的地である美漁島を目指します。 当日はベタ凪で美漁島でも別格と言われる「小美漁島」も乗れそうな様子・・・。 宿泊客優先の磯ですが、naoさんの友人が先に乗っておられ、その方のお計らいで、我々遠征メンバーの若手2名が同礁させていただく事になりました。

仲間が小美漁に上陸

「小美漁」を離れた渡船「おうしま」はゆっくりと「中美漁」へと回り込みます。当初の打合せでは「中美漁」のフナツキに乗る予定でしたが、他船が先に着けたので、我々は「大美漁」へ行くことに・・・。 1グループを「タッカリ」に下した後、「おうしま」がホースヘッドを押し付けたのは前回の遠征で、ほぼ撃沈を喰らった「ヒラバエ」でした。

ヒラバエ

前回が前回だったので何となく嫌~な感じは否めませんが、時期が違う事、潮回りが違う事に期待して準備をすすめます・・・。 4名での上礁だったので釣り座の選択に難がありましたが、皆さんのお計らいで、干潮時にしか立つ事ができない画像左の突端部分に釣り座を構えさせていただきました。
※ 赤矢印の部分 

釣り座

早速、マキエを撒いて潮と海の観察に入ります・・・。 潮は重く西方向へコンコンと流れていました。今日は海況が良いようなので前回のようなヘビー級ウェポンは必要無さげ。B負荷相当のウキをポーチから取り出し、道糸2号にハリス2号を直結、G2とG3のナマリを打って竿1本から始めてみました。

マキエを打ち仕掛けを放り込んで、更にマキエを手前に打って仕掛けを送ります。全負荷を背負ったウキはユラユラと残像を残しながら潮の中の探索を開始・・・これぞ本流釣りって感じで、仕掛けをパラパラと引っ張っていきます。そのらしき感じに「即アタリ!」を感じていたのですが、何度流しても何故だか?の無反応。 このまま続けても埒が明きそうにないので、ウキをチョイとヘビーなモノに交換、直結部に3Bのナマリを打って1ヒロ程度タナを深くして放り込んでみました。マキエをボンボンと潮筋に打ち込み、道糸を張って張ってウキの動向を見守ります。仕掛けが馴染みシブシブになったウキは、「さぁ潜るゼ!」 ・・・っと言わんばかり。そして、ゆっくりと潜航を開始しようとした刹那、一気にウキが海中に消えました。

ウキ

「すわっアタリ!」

大きく竿を煽ると確かな過重が愛竿にドン! 一気に胴までヒン曲がり敵の力に対抗します。潮の流れとウオの力が合わさった引き味は強烈の一言ですが、こちとらも負けてはおれません。竿を腰矯めの位置に持ってきて、竿の胴を締め上げ、敵のパワーを「反発力」という力で削ぎとっていきます。優しいけれど強引に・・・反発力以上・反発力以下の力でジワリジワリと距離を詰めます。そして、オナガグレ特有のシブとくて浮かない嫌~な横走りを耐えたところで、タモスケに入ってくれた釣友の「ま~ちゃん」が一発で網に収めてくれました。

オナガグレ

かる~く40を超えた見事な体躯のオナガグレ! 今遠征初の嬉しい1尾となりました。

にほんブログ村 釣りブログへ

お疲れ様です。

良型のオナガ!
さすがです。

2月にとある五島の方より大会にと・・・
またその島に行くことになりそうです(笑)

>naoさん

naoさん こんばんは。
コメントありがとうございます。
その節はお世話になりました。ありがとうございます。

黄島で大会ですか!
イイですね。喰い渋らん事をお祈りします。
頑張ってください。V(`∇´)V

       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2