棒ウキの醍醐味

私はイカダでの釣りにおいては「棒ウキ」を主に使用します。 円錐ウキもたまには使いますが、タナが深く、視覚的に変化の無いフィールドですから、あれこれと手を繰り出して答えを出すことを良しとする磯でのウキフカセ釣りと比べると面白さは多少、劣ってしまいます。 チョイと面白くない釣りならばチョイと面白くすればよい・・・って事で、面白くするための必携アイテムが私の場合、この棒ウキなんです。 重たい錘を背負えるウキも多く、深ダナ向きなので、ある意味一石二鳥のアイテムと言えるかもしれません。 

さて、そんな棒ウキですが、このウキの醍醐味はスパっと一瞬で視界から消える「爽快感」やモゾモゾ~とウキが半分位しか入らず、合わせをいつ入れれば良いのか解らなくなるような 「焦れったい感」に尽きます。 前述したとおり、視覚的に変化の無いフィールドならば魚からの反応くらいは視覚的に面白くって思うわけです。

ウキ

このウキがストンと入る瞬間がタマリマセン・・・

ベタ凪の瀬戸内海においては、まるで湖面でのヘラブナ釣り・・・。 このウキがいつ海に入るかは釣りの神様のみぞ知る・・・ですが、そのいつ入るか解らない一瞬を釣り人は待ち続けます。 入ったら入ったでビックリ!(笑) するのですが、その一瞬のために必至こいて釣りを続ける姿は釣りに興味のない人から見ると滑稽に見えるかもしれません。 釣りには人それぞれ好きな面白さがあります。 大物にガチンコ勝負を挑む面白さ、繊細な魚に口を使わせる面白さ、魚からの反応を楽しむ面白さ。 今回のお題は魚からの反応を楽しむ面白さですが、いつ入るか解らないウキをあれこれ想像しながら魅つめ続ける・・・これは釣りをする人だけが知っている脳内の快楽と言えるのではないでしょうか。 w( ▼o▼ )w ボウウキ サイコー!

にほんブログ村 釣りブログへ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2