五島列島釣行2日目!

五島列島遠征釣行の2日目・・・期待していた大瀬崎方面は依然として大シケ状態で釣行不可。 
ならばっ! ・・・・・っとnaoさんが段取ってくれたのが、ここのところ毎年釣行しているクロの楽園 「黄島」。 塩津港7時出船に間に合うよう、素泊まり宿を午前6時にチェックアウト。 途中、コンビニで食料を買い込み、出港地である塩津港に到着したのは6時45分の事でした。

午前7時…渡船「おうしま」は塩津港を出港。 けっこうな大きさのウネリを乗り越えながら、黄島・美漁島を目指します。 大丈夫かいな・・・そう思わせるような一場面もありましたが、無事に美漁島に到着・・・我々は大美漁島の「平場」へ上礁する事になりました。

hDSC00119.jpg

昨年の12月にも乗ったこの「平場」。 その時は潮が「中美漁」方向にブッ飛び、良型のオナガが連発してくれました。 過去の実績を思い出し、ヤル気度数120%でマキエを撒いて仕掛けの考察に入ります・・・。

北西からの強風は背面の断崖絶壁を乗り越えビュービュ状態・・・で、マキエの具合から察するに潮はほぼ停止。 軽い仕掛けでゆっくりと挑みたいところですが、風にビビッて昨日と同じくヘビーな仕掛けでスタートすることになりました

hDSC00109.jpg

ここは黄島・・・少々、潮が行かんでも絶対に喰う! 過去の実績にアグラをかいて釣りを開始したまではイイのですが、何故だか何処をどう探っても魚からの反応はナッシング・・・・。 
答えの出ないタナの探求を繰り返し、ハリの種類・大きさを変え、ここは大分県南か?と思えるまでハリスの号数を落とし・・・おおよそ考えうるだけの手は打ってみましたが、魚はガブっと口を使ってくれません。 結局、視覚・感覚で魚からの反応を捉えることができないまま、時間だけが経過していきました。

DSC00111.jpg

我々のいる「平場」では苦しい釣りを続けていたのですが、隣の「テボ流し」はクロがコンスタントに釣れているようで、時折、女性アングラーの声が大きく響いていました。
 「ええのぅ・・・・」  そう呟きながら、羨ましさ200%で「テボ流し」に視線を向けていると、何やら道糸が引っ張られたような気がしたので、視線を正面に戻した途端、竿先にゴン
本日、最初のアタリは大マグレ! ですが、今日の初物なので逃がす訳にはまいりません。 かなり余裕の無いヤリトリを繰り返してタモに入れ込んだのは35cm弱のクチブト君・・・昨日はブリ上げていたサイズでした。 (´Д`;)/ヽァ・・・

クチブト

その後、隣で釣っていたタっちゃんにも同寸のクチブトが喰ってきたので、「時合の訪れ」を感じたのですが、結局、これは勘違い・・・・・。 その後、我々の竿が曲がることはありませんでした。
13時30分納竿・・・道具を片づけて迎えの渡船を待つことにしました。 

渡船おうしま

今回の遠征、五島列島へ釣行したとは思えないような厳しい結果に・・・。
終わってみれば、あーすれば・・・こーすればと色々思いつきますが、これが次の釣行の糧になると信じて精進したいと思います。 
naoさん、タっちゃん・・・今回も色々とお世話になりました。 次回もよろしくお願いします! m(__)m

にほんブログ村 釣りブログへ

楽園

こんにちは。
釣行お疲れ様でした。
私は「五島」と聞くと、魚ウハウハの楽園だと思い描いていましたが、そんな甘いもんじゃないんですね(^^;
「ええのう・・・・」
私はいつも心の中でつぶやいてます(笑)

平場って、名前の通り、平たくて隠れるとこなさそうですね。
私が最も避けたい場所ですな(爆)

>楽竿作者さん

楽竿作者さん こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も五島は絶対と思っておりました。(汗)
それも黄島で・・・。 (´Д`;)/ヽァ・・・
仲間との釣行は楽しかったですが、釣果には参りました。

平場・・・実は後方に隠れられる絶好のポイントがあります。
だから、大丈夫ですよ。 (笑)
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2