男女群島「古賀のスベリ」

男女群島における二泊三日釣行は通常、磯に三泊・・・となります。
約63時間余りの滞在・・・普段の釣りでは考えられない長さとなりますので、ペースの配分と栄養補給が大切で、これを計画的に行わないと最後まで釣りを続ける事は難しくなります。 何事も経験ではありますが、普通より1日長い余裕を大切にして男女群島を楽しみたいものですね。 

さて、釣行初日は4時間余りの睡眠を取り午前6時に起床。 ゴソゴソと寝袋から這い出し、片付けが終わったところで眠気覚ましに朝ご飯をいただきます。 食べたのは前回、その美味しさに気付いた「鮭のむすび」を使って作るサケ雑炊! 今回は高島師匠が「雑炊の元」を準備してくれていたので、持参した玉子を加えて「鮭むすび雑炊 IN 玉子」とシャレこみました。 前回の雑炊は「鮭のむすび」を煮込んだだけだったので、今回の雑炊はかなりのバージョンUP! 雑炊の元の味に玉子の栄養が加わり、その美味しさ・温かさは格別のモノでした。

鮭雑炊

身も心も温まったところで昨夜の釣り座に戻り釣りを続けます・・・。 東の空がうっすらと明るくなっていますが、まだまだ暗い海・・・光量の落ちたケミホタルと共に仕掛けを放り込むと、今が朝マヅメ! ・・・っとばかりに良型のオナガが仕掛けを引っ手繰って行ってくれました。 連発する獲物にドンゴロスは既にスタンディング・・・潮の動きはよく解りませんが、釣果だけで考えると、この磯の一撃必殺のポテンシャルはかなり高い感じ。 どんな磯なのか?・・・明るくなるのが待ち遠しい思いで釣りを続けました。

朝のオナガ

午前7時過ぎ 明るくなったところで「古賀のスベリ」の磯の全貌が明らかに・・・。 磯の周辺は起伏の激しい数々の沈み瀬でガッチリと守られ、その瀬の間を所狭し! ・・・っとばかりに下げの激流がヨレや湧き上がりを伴って「帆立岩」方向に流れていました。 なるほど・・・この沈み瀬のおかげで夜の間は根掛かり頻発。 なので、この本流の激流筋が解らなかったのですが、今はハッキリと見てとれます・・・。

潮流

このド・本流を流さない手はない・・・って事で、タックルや仕掛け類は変えずに流してみることに。 狙いを定め、少々の遠投を施して流れのド芯にウキを置いてみると、今まで何してたの? ってな感じでゴンゴンと仕掛けは流れ、リールのスプールからはスルスルと道糸が引き出されました。 スプールを指の腹で押え、適度なテンションを掛けながら道糸をコントロール。 すると、明らかに違うチカラで道糸がスプールから引き出されました。 「すわっアタリ!」 大きく竿を起こし、2度3度大合わせをくれてやって戦闘開始! 腰矯めに構えた竿は天下無敵の5号竿! 激流の抵抗と相まってかなりの引きを披露してくれますが、我が腰に構えた夜用タックルの敵ではありません。 最近、新調したレマーレのパワーに任せてゴリン・ゴリンと巻き取って、磯上にブリ上げたのは激流で鍛えられたであろう、スマートな体躯のオナガでした。

IMGP2149.jpg

午前8時過ぎ・・・ブラックカイザーの見回り時刻。
ドンゴロス一杯となった釣果を船に預け、代わりに昼用のエサと必要量の飲み物を下ろしてブラックカイザーを見送ります。 今からがDay Attackの開始。 不要になった夜用のタックルをロッドケースに納め、昼用のタックルを取り出して仕掛けの考察に試案六法ホトトギス・・・。

ブラックカイザー

釣るポイントは目の前にある激流・・・オナガが十分に狙えるのでラインは4号、そして、ウキの浮力は関係なさそうなのでグレックスの00を選択しました。 ハリスの直結部に3Bのナマリを打ち、タナを3ヒロに設定して仕掛けを放り込みます。 数メートル流れたところでウキは激流に揉まれて潜航を開始・・・スプールからパラパラと出ていくラインを見守っていると、一気にラインが走りました。 

激流の中のクチブト

上がってきたのはオナガならぬクチブト君。 オナガを期待していたので少々のガックリコンは否めませんが、この激流の中はクチブトの大群が巣食っているようで、その後も型は小さいながらも順調に竿は曲がりました。 干物用の小型のクチブト10枚をキープし、その後は釣ってはリリースの繰り返し・・・。 サイズUpを目論んで、タナを変えナマリの大きさを変えて激流の中を探索しましたが、良型と言えるようなオナガが喰ってくる事はなく、お昼の見回り時刻を迎えました。
ここで、この磯に居残るか替わるかの選択となるのですが、前下がりの足場を歩くのにも疲れたので「古賀のスベリ」の撤退を決意! 荷物を纏めてブラックカイザーを待つことにしました。


にほんブログ村 釣りブログへ

こんにちわ♪
やはり男女!
めっちゃ魅力がありますね(*^^*)

男女、お疲れ様です。
3泊もすればもう行かなくてもよいくらい満足
されたのでは?(^^ゞ
上手く栄養の補給をしないと戦えませんね。

お疲れさんです。
いやぁ~、男女釣行のアップは毎回興奮しますな。
ペース配分に仕掛けの選択、そして釣技…流石です。
次回を楽しみにしております(^_-)-☆

すごいですね~
釣果も環境も(^^;
5号竿なんて持ったこともありませんが、3日間やると私なんか力尽きそうです。
ユンケルをケースで持って行かないとイカンような釣りですね。
もはや「修行?」(笑)
夜と昼、瀬際と本流、引き出しの少ない私では、歯が立ちそうにありません。
・・・が、ぜひチャレンジしてみたい!
お金貯めなければ。

>ま~ちゃん

ま~ちゃん おはようございます。
コメントありがとうございます。

小型化は進んでいますが、やはり夢のある釣り場です。
魅力は尽きませんね。

>潤風亭いさきさん

いさきさん おはようございます。
コメントありがとうございます。

気分的には三泊ではまだ不満足・・・。(笑)
しかし、体力が・・・ヤレません。

>teruさん

teruさん おはようございます。
コメントありがとうございます。

長丁場の場合、釣りばかりでは飽きてしまいます。(笑)
アウトドアを含めて楽しむ事が秘訣でしょうね。
今回は天候に助けられました。

>楽竿作者さん

楽竿作者さん おはようございます。
コメントありがとうございます。

ず--っと釣りばかりするとヘバるでしょうね。
こうなると修行というより拷問に近くなるかも・・・。(笑)
キャンプを楽しむついでの釣りって感じが良いのではないでしょうか。
楽しいですよ。 ψ(`∇´)ψ
       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2