男女群島再遠征VOL3

「水族館」での昼釣り・・・。 
その”らしい”潮流に期待したのですが、現れたのは極彩色のグルクン軍団。
これにはさすがに参った降参・・・で夕方の見回りで磯を替わる事にしました。

午後17時過ぎ、見回りに来たヘラクレスに乗って、今夜のねぐらに向かいます・・・。
ヘラクレスはハナグリ島を通り過ぎ、「立神」を経由、そして、女島の西側に出ました。
そこには、冬には滅多に上がれない女島西側のオナガポイントの数々が・・・。
どうにも今夜のお宿はマルヒに決定! ψ(`∇´)ψ ケケケッ



徳島県から来られた方々を「マルヒの4番」に下ろし、次順、前田キャプテンが今夜の我々の宿に選んでくれたのは「マルヒの2番」。 この一帯には何度か上礁してますが、「マルヒの2番」は2度目の上礁。 普通に平凡な磯なのですが何故かデカバンが釣れるんです・・・。

「今夜はやったかもね・・・。 V(`∇´)V !」

Ⅰ氏とほくそ笑みながら夜釣りの準備にかかりました。

1番との水道

ここ「マルヒ2番」の本命ポイントは「マルヒの1番」との水道側と言われています。
フナツキの反対側になるので移動がたいへんですが、ここを攻めない訳にはまいりません。
腹も減ってはいるのですが、ゴソゴソと荷物を持って水道側に移動。 昨夜と同様、頑丈一番の仕掛けを組んで夜の帳が降りかけた海に放り込んでみました。
タナは竿1本・・・ケミホタルの光を頼りに瀬際を舐めるように探っていきます。 しかし、ウキを沈めてくれるのはハタンポの一族のみ。  経験上、ハタンポがパタっと食わなくなった時がBig1のチャンスなのですが、悲しい事に仕掛けを入れる度にコヤツが食ってきてくれました。 こんな展開が続くと、昼の疲れがドッと出てきます。 なので、身体の休憩とポイントの休憩を兼ねて食事を摂る事に・・・。 今夜のメニューは配給弁当に焼きそばUFOを合わせた焼きソバ定食! ビールも喰らい、満腹になったところで釣りの再開・・・っとなるのですが、腹の皮突っ張ればナントヤラ・・・。 強烈な睡魔に襲われたので釣りを断念・・・早々に寝袋の住人になる事となりました。 Zzzzz! 

hatanpoP0394.jpg

午前3時・・・爆睡から起床。 暖かい寝袋から出たくない感じですが、残り時間はあと僅か・・・。
未練を断ち切るかのように寝袋を収納袋に仕舞います。 
一杯の水を飲んで昨夜のポイントに戻り、仕掛けを投入・・・やっとアタリを拾ったと思ったらまたまたハタンポの一族でした。 そうこうしているとブラックヘラクレスの朝の見回り時刻・・・。 暖かい弁当を受け取り、ヘラクレスを見送ります。  「yukimaruさ~ん 9時頃回収!」

せっかく暖かい弁当をいただいたのだから、暖かいうちにいただく事に・・・。
そして、満腹になったところで再び釣り座に戻り釣りを再開しました。
かなり暗くなったケミホタルを見つめながらマキエをボンボンと打ち込みます。
すると、軽くシモったウキが速度を変えて海中に突入! 合わせをくれてやると、ハタンポとは別次元の重量感が竿に圧し掛かりました。 剛竿の強烈な反発力に抵抗するウオ。 ガゴンガゴンと引き回りますが、この竿の敵ではありません。 やがて水面にてヒレを叩く事に・・・。 
「お~ぅりゃぁ!」 タイミングを計って磯上にブリ上げたのは40Upのクチブト君。 
「マルヒ」にしては、かなり遅い初モノとなりました。

maruhi_kuchibutoP1473.jpg

午前7時過ぎ、ケミホタルの光も不要な時間帯に。
いつもなら昼用のタックルに持ち替えるところですが、残り時間は後僅か。 なので、昨日同様、ハリスのみを細くして残りの時間を釣る事にしました。 重いタックルにヒーヒー言いながら、緩々と流れる水道の潮を釣っていると、30cm後半のクチブトがHit! この調子なら回収までにかなりの数になりそう・・・。 そんな取らぬタヌキを考えていたら、何やら海中が賑やかに。 マキエを撒いて海中を凝視してみると、ナント!極彩色のグルクン軍団が・・・・・。

tsuribitoP1476.jpg

狭い水道筋を縦横無尽に跋扈するグルクン軍団。 足元にマキエを集中し本命との分離を試みますが、足の速いグルクン軍団が相手では中々、サシエが通りません。 そして、やっとサシエが通ったと思った際に食ってきたのが画像のベラ・・・。 (´Д`;)/ヽァ・・・
一気に全身の力が抜けました。

beraP1474.jpg

午前8時、マキエ完売にて納竿・・・。
迎えにきたブラックヘラクレスに乗って男女群島をあとにしました。

中ノ瀬戸

今回の遠征、オナガの49cmが最大で60cmはおろか50cmにも届きませんでした。
型については過去最低の貧果・・・。 (ノД`)ハァ
「オナガの釣れんちゃね・・・」 前田船長の一言が全てを物語った遠征となりました。

キーワードはオナガの抱卵時期。
来シーズンはそうならないように願うばかりです。

釣果の一部



にほんブログ村 釣りブログへ

こんばんは!

行きたいなぁ…と言われていたマルヒへの移動となったようですね☆
以前、ネバネバの魚やデカバン尾長で大漁満笑された釣り場ですよね!?
しかし今回は、厳しかったようですね…。

女島の西磯から北側に目を向けると、また違った男女の景色となるんですね☆
まだ見た事の無い景色を、いつの日か自分のこの目で♪
焼きそば定食…その手もありますね!(^^ゞ

>クロ兵衛さん

クロ兵衛さん おはようございます。
コメントありがとうございます。

切望していた「マルヒ」ですが、今回は残念な結果となりました。
次回に期待です。
ここ「マルヒ2番」からの景色ですが、男島の「真浦立神」までを一直線に観る事ができます。
「サメ瀬」からの男女も綺麗ですが、ここからの景色も絶景です。

焼きソバUFO・・・アウトドアには最高ですよ。ψ(`∇´)ψ

YUKIMARU 様

今回の男女、本当にお疲れ様でした。
今年の尾長シーズンはHIシーズンの無いまま終了となりそうな予感ですね。
A級ポイントのマルヒはグルクンが多いみたいですね(涙)。
今年は外れ年かな(涙・涙)
次回男女は来年ですか。
昨年、私はグルクンを持って帰って干し物にしてみました。

>山さん

山さん おはようございます。
コメントありがとうございます。

今回の男女群島、我々の後を追うようにグルクンの群れが・・・。(笑)
大群なのでやれませんでした。

今シーズンの男女は一応終了です。
鳥島には行くかもしれませんが・・・。V(`∇´)V


       

コメント

       
Secret

Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2