取り出した竿・・・

今日は雨が降ったり止んだりの蒸し暑い1日・・・。
おかげで不快指数は急上昇! 
こんな日は川に浸かって鮎と戯れたいのですが、仕事があるのでそうもいきません。
遊びである釣りは週末の休みまで我慢ですね。 

さて、今日のネタはロッドケースから取り出した竿について。
妙なお題ですが、よく見かける磯釣りスタイルについての辛口文です。(笑)

通常、渡船で沖磯に釣行する際、予約磯でない限りはどの磯に乗れるかは分かりません。
また、分かっていたとしても、その磯の状況は日によって全く違うことでしょう。
ですから、釣り人は磯に乗った後に色々な自然の情報を収集し、その状況に合う仕掛けを選ぶ努力をします。 これも釣りの楽しみの1つですね。

しかし、中にはロッドケースから取り出した竿には既に道糸が通してあり、ウキとクッションも装着済みって人がおられます。  あとはハリスとハリを結ぶだけ・・・。 
たしかに早くサシエは海に放り込めるでしょう。
しかし、こんな人は何を基準に考えてウキや仕掛けをセットしてきているのでしょうか?

uki_sikakeIMGP4003.jpg

「明日は○○磯に上がれて潮は1枚潮で風は2mだぜ!」  予知能力でしょうか・・・。
それとも一種類のウキや仕掛けしか使えない、または使わないのでしょうか・・・。

「カゴ釣り」などに代表する重負荷で比較的深いタナを探る釣りは、仕掛けの選択肢が少ないため始めからセット済みというのは理解できます。 
しかし、通常の「ウキフカセ釣り」においても「カゴ釣り」などと同様に主な仕掛けが既にセット済みというのは、ハナっから自分の引き出しの少なさを露呈させ、今日しようとする釣りの視野さえも狭めてしまっているのではないでしょうか・・・。
結果、それで釣れたとしても、たまたま条件が揃っただけ・・・つまりマグレとしか思えません。

釣りは個人の自由なので、これという決まりや形はありません。
何をしても自由なのですが、そんなスタイルに心当たりのある方・・・道糸はよしとしてもウキを事前に付けておく事は止められた方が宜しいかと思います。 
例外はあるにしても、今時期は確実に不細工に見えますので・・・。

さてさて、今日は不快指数激高により辛口な記事になりました。
次回は夏の魚をネタにいたします。 m(__)m


にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2