ハリス・・・その2

本日のネタはハリスの長さ・・・。

 一般的に竿3本程度のタナを釣る底カゴ仕掛けの場合、ハリス長は3ヒロ以上取る事が多い。
潮を取る魚・・・つまりイサキなどを狙う場合は6ヒロ取る事もある。
何故、そんなに長く取るのだろうか? 潮との馴染みを良くするため、エサトリを回避するため等々、理由はたくさんあるだろう。 しかし、本当の理由は・・・船の ”かかり釣り” を習っているから。
タナの深さと竿を振って遠投する事以外、仕掛けはそっくりな両者。
ほとんどの船釣りは長いハリスが有利と言われている。 仕掛けが似ているのだから、カゴ釣りにおいてもハリスが長い方が有利と考えるのが妥当であろう。
 しかし、船釣りに比べてタナが浅く、遠投する必要性がある底カゴ釣りは長ければ良いと言うものでもない。
トラブル無くして、自分の扱える最大の長さを知る事が重要であろう。
人それぞれのハリス長・・・上級者ほど長い傾向にあるようだ。

 一方、ウキフカセ釣りにおけるハリス長に目を向けてみると、50cm~10mまで様々な長さが存在し、その釣り方や条件及び、状況で劇的に変化してしまう。 一般的には2ヒロ程度だろうが、これも長ければ良いってものではなく、極端に短くないと通用しない場合があるのも、フカセ釣りの面白いところだろう。
 そもそも、直結って方法があるから、ややこしいんだよね・・・フカセ釣りのハリス長。。。
直結にするか、サルカンを介すかでも変わるハリス長・・・フカセ釣りにおける、その定義は難しい。
上級者云々ではなく、その人の釣りのスタイルに依存するところが大きいと言えるだろう。

 私の場合、パイロット的なハリス長は底カゴで約4ヒロ、フカセで約3ヒロの直結である。
正解とは言えないが、その長さにおける釣果的な相性は良い。
結局、その長さにおける実績で決めてしまう事が多いのかもしれないね。
正解のないハリスの長さ・・・その方程式を見つける事はできるだろうか???




にほんブログ村 釣りブログへ

ライフジャケット

Lifejyake.jpg今日のネタはライフジャケット!

長年、使用してきたライ・ジャケがボロボロに・・・イザという時の浮力が心配になり、新規購入を決断!
今までは黒系の色が多かったが、今回は嫁さんと娘の進言により、白黒のツートンに決定!

ビックリしたのが、その軽さ! いや~進歩してます。。。
しかし・・・値段も、かなり進歩してました(爆)。
 
 歳を考えず・・・・ アツク! 派手にいきまっせ!


にほんブログ村 釣りブログへ

昨日の獲物をいただく・・・

sashimi694.jpg昨日の獲物をいただきました。
イサキの刺身にイサキの子・・・タカベとムロアジも造ってもらいました。 イサキが美味しいのは当然ですが・・・今回、興味があったのはポッテリと肥えたムロアジ君! 2匹ほど持ち帰りました。

皆さん、美味しくないと言っておられますが、自分が食ってみない事には批評できません。

3匹の子猫と親猫で食った結果・・・美味!で意見は一致。
 ただ、身が柔らかすぎるので、料理法を考えなくてはいけません。
 フライとかがイイかもしれませんね。 高橋の哲ちゃんの話は本当でした。 


にほんブログ村 釣りブログへ

高島Wヘッダー!

0627takasima_123.jpgやってしまったWヘッダー・・・。
しかし、今日は大成功!・・・久々に、「ゴートー」本来の潮を釣る事ができ、満足の1日。
それにしても、「ゴートー」における今日の潮・・・何年ぶりだろう。
「ゴートー」には、かなり乗ってはいる・・・しかし、今日の潮は遠い昔の潮だった。

この潮が毎回来てくれると助かるのだが・・・・。 


にほんブログ村 釣りブログへ

週末!

Itakasihima99.jpg昨日、またもや空白を作ってしまった・・・(汗)

明日は高島の予定だが・・・最近、イサキの食いは悪い・・・。
潮の塩梅が悪いとの事・・・半夜が正解か!?

最近、発症した原因不明の肘痛・・・大物が掛からなければイイが・・・(笑)!

皆さん、良い週末を!!


にほんブログ村 釣りブログへ

ナマリへの拘り・・・

ジンタン 本日のネタはナマリ・・・つまり、ガン玉とジンタンである。
仕掛けを扱う上で一番難しいのがナマリであろう。
ウキを選ぶのも、使いたいナマリを基準に考える事になるので、仕掛けの中枢と言っても過言ではない。
 
 散弾銃の玉を二つに割って使用したのが始まりらしいが、現在、市販されているナマリは、どのメーカーも重さに大きな較差は無く、どの製品を使用しても問題ないらしい。
 そもそも、久保野名人のように重さなど気にせず、勘で打つ人も少なくないそうだ。
そんな意味から、ナマリは単なる”重量のある物”では無く、一旦、仕掛けが張れたなら潮を受け、サシエを安定させる抵抗体との考えが正しいのかもしれない.。

 そのナマリ・・・今はいろんな製品が出ている。 ゴムが貼ってある物、汚れないようにコーティングがしてある物、全てゴムコーティングしてある物。。。
値段も1袋@数十円~1粒@42円程度まで、いろいろである。
 
 いろんなナマリを試した結果、自分は高価な部類に入るMSTの”ガン次郎”を主に使用している。
1粒@42円・・・消耗品なのに勿体無い!っと思われるかもしれないが、この製品は割れ目がしっかりとしていて、指で摘んでもツルツルと滑らないのである。 老眼が進んだ最近は特に助かっている。

小さなナマリへの拘り・・・自分は大切だと思っています。


にほんブログ村 釣りブログへ

命綱・・・救命ロープ!

DSC_0007.jpg今日のネタは未だ使った事が無い救命ロープ!

先端のオモリゴムの接続が甘くなっていたので、刺し直したのだが、実は男女群島にしか持って行った事がない。
丹羽名人率いる”サバル”は救命ロープの携帯が義務付けられているらしい・・・。
近場での釣りでも海は海・・・何処に釣行しても携帯するのが、当たり前であろう。
 ついつい、横着をしてしまう。。。
 持って行けば良かった・・・っと思う事が無ければよいのだが・・・。






にほんブログ村 釣りブログへ

アオリイカ!

moika120.jpg今日のネタは貰ったイカ。

釣友に貰ったイカをmamaが捌き、今夜の食卓へ・・・。
卵の黄身も用意して、イカ丼の準備は完璧である。
3匹の子猫は、「いっただきま~す!」 の号令と共にガツガツガツ・・・ 「おいし~ぃ!!」
父親が不得意とするイカ釣り・・・食卓に上る機会が少ないだけに、いろいろと趣向を変えて食べていました。

 自分が釣らないイカ・・・わざわざ、届けてくれた釣友に感謝です。
 
 美味しかった・・・ありがとうございました!  ・・・また、お願いします(爆)。。。





にほんブログ村 釣りブログへ

高いハリス・安いハリス!?

IMGP0073.jpg本日のネタはハリス・・・。

 以前にも触れたことがあるテーマだが、ハリスの価格について。
ウキ程ではないにしても、ハリスにも価格差がかなりある
価格差というより、値引きの差・・・が正しいかもしれない。

 ご存知のように、ハリスは魚との格闘の際、”瀬ズレ”に耐えなければならない。 強度が重要なのは言うまでもないが、この情報化した時代にメーカーの技術差なるものはないだろう。

 以前、安いのは不安・・・っと書いた。 小売店のディスカウントも店ざらしを露呈しているようなものなので、かなり不安を感じてしまう。 では、高ければ良いのか? これは、安心を買っているだけで、その製品を選んだ理由にはなっていない。

 苦労して食わせた魚が取れるか取れないか・・・その鍵を握る重要なアイテムであるハリス。
釣り人が号数以外に選ぶ基準が、かなり難しいと感じるのだが・・・。




にほんブログ村 釣りブログへ

今日はゴルフ!

yoshiwa.jpg

今日は久々のコンペ!
空梅雨の空の下、自然を満喫しながら楽しみました。 結果・・・OUT43 IN45 TOTAL 88
コンペの順位は8位でしたが、納得のいくゴルフができました。

明日は釣り!・・・そう行きたいところですが、ナント!明日は強制労働・・・。
今夜は飲会なので明日は多分、二日酔い・・・なが~い1日になりそうです。。。




にほんブログ村 釣りブログへ

ウキは拘り?・・・それとも価格?

G1_0002.jpg皆勤を目指していた6月のブログ記事・・・
昨日で頓挫してしまった(汗)。 原因は睡魔! 
どうにも、男女の疲れが取れないようだ。 歳???

今日のネタはウキについて・・・。
ウキ釣りには見る物が多くあるが、一番よく見るのはウキだろう。
そのウキ・・・名人作からメーカーの量産品まで、いろいろな種類があり、その価格差はかなり大きい。
 ウキフカセ釣りは主に、竿、リール、道糸、ウキ、ハリス、オモリ、ハリで構成されるが、消耗品の定義でいくと、竿とリールを除いて、ほぼ全てが消耗品!
運が良ければ繰り返し使えるウキも消耗品と考えるのが妥当だろう。

 先日の男女遠征において、オナガ(サンノジ?)であろう魚に道糸を飛ばされ、食われたウキは2個・・・。
価格にして@1200円×2・・・計2400円のLOSTとなった。
これが、松田名人作の松山ピエルだったら・・・9000円余りが海の藻屑となる計算だ。

 高価な名人ウキは、優れていると思う・・・しかし、秋に現れるウスバ君、突如やってくるヒラマサ君を考えると、恐っろしくてとても使えない。 使えないウキは持っていても飾りにしかならないので意味はない。
反面、安価なウキは余浮力が多く、浮力表示もアバウト・・・おまけに塗装も薄く、磯に当てようものなら、すぐに壊れてしまう。。。

 ウキを選ぶにあたり、その辺のバランスが難しいと思うのは自分だけではないだろう。
ウキ=必需品=消耗品・・・こう考えた場合、その妥当な価格はいくらなのだろうか?
自分の場合、1500円くらいまで?!っと思ってはいるのだが・・・。
安価で高性能なウキ・・・ないものだろうか???






にほんブログ村 釣りブログへ

道具道楽?

マスターモデル我が愛竿、マスターモデル尾長Mタイプ!
胴がヒン曲がっても、締めれば更に曲がっていく粘り重視の竿。

自分のHG、高島で釣れる45cmクラスの尾長を想定してMタイプを購入したのだが、スーパーステージの本流で鍛えられたオナガを相手にするには少々、荷が重かった。

今回、「大サメ瀬」の本流を日中、楽しむ事ができたのだが、ここの本命潮は下げの本流・・・。

磯際の瀬は厳しく、場所によっては沈み瀬があり、潮が下げると取り込みが格段に難しくなる。
70m沖で掛け、尾長Mの弾力をフルに活用して寄せたはイイが・・・深く潜ってくるオナガ君!

ここ一番、「うおぉぉぉりゃぁ~浮いてくれ~!」 しかし、このチョイが効かない事数回・・・。
時間を掛ければ騙し騙しにでも魚は取れる。 しかし、ハリスがザラザラ・・・1尾3ヒロのハリスを消費し、ハリスを張り直すため、時間効率が悪いのである。

”グレスペG-Turn2号遠征” を使えば事は足りるのであろうが、こんな時MHがあれば・・・・っと。
未だマスターモデル口太Tを買いきらんクセに、釣りに行くたんび、欲しい竿だけは増えやがる・・・。



釣り道具の道楽三昧は困ったものである。


皆さんはどーですか・・・道具道楽。。。





続きを読む



にほんブログ村 釣りブログへ

Daiwa鮎マスターズ

マスターズ今日はダイワ鮎マスターズ中国地区大会!
世の不景気もなんのその・・・かなりの人が各地より集結していました。 最近は川に立っている人も少なかったのですが、この日の予選トップは28匹・・・。
やはり、トーナメントに出場する人は、皆さん上手なようですね。








にほんブログ村 釣りブログへ

配給弁当!

ajikabenntouP0623.jpg男女群島、鳥島遠征にて提供される、お弁当!
一泊二日で2回、二泊三日で4回の配給がある。
遠征当日~次の日の夕刻までは自前・・・インスタント物が主体となるため、その後に提供される暖かい御飯の味は格別である。 おかずは沢庵に昆布の佃煮と超・質素。。。
しかし、これで十分満足できてしまうのである。
好みでカレーや缶詰を合わせるのもイイだろう。
贅沢な食になりがちな毎日・・・遠征の時くらいは質素な食もイイと思う。。。


にほんブログ村 釣りブログへ

男女群島遠征結果!

Idannjyo090612.jpg今回、鳥島の予定でしたが、悪天候により男女群島に・・・(涙)
梅雨グレの概念がない男女群島・・・食いの悪さは極上との事でしたが、「大サメ」にて24時間の釣りを敢行!
結果、オナガ、クチブト計28枚の釣果でした。
最長寸はDay Attackでのオナガ52cm!・・・夜釣りはイスズミ、ムロアジ、サバの釣果となりました。
アタリがあれば、イスズミ・・・ホント、たまりません。
シーズン外の男女群島・・・気軽に行ってはいけません。
行くなら、冬にいたしましょう。。。




にほんブログ村 釣りブログへ

水道筋のオナガ!

0906122150.jpg

男女群島・・・現地からの速報。
昨夜、男女群島中ノ瀬戸にてオナガの捕獲に成功!
今から鳥島!!

1330.jpg


tategami_20090611211830.jpg

I0613298754.jpg

09061325641.jpg

0906131125.jpg









 ・・・こうなるとイイナ! 


予約投稿でした。 スイマセン m(__)m






にほんブログ村 釣りブログへ

鳥島一転、男女群島・・・

20090612145429
ブラックカイザーにて、いざ遠征!
しかし、風が強くシケ模様で鳥島断念。。。
男女となりました。
状況は最悪との事・・・キャンセルが正解らしいです。

にほんブログ村 釣りブログへ

ステッカー!

steka.jpg5/31に釣行した際、Shigeさんに頂戴したHP 「尾長依存症」 のステッカー! もちろん、Shigeさんの手作りである。
← 写真では見えにくいが、背景のブルーに薄くオナガの姿がプリントしてあり、見事な出来映え!
Shigeさん・・・なかなか器用な男です。





にほんブログ村 釣りブログへ

土砂降りの中で・・・

konpe.jpg今日、会社の取引先のコンペがあった。
朝から雨ザーザーに風ビュービュー・・・。
幹事さんは中止にするか否かを悩んでおられたが・・・。
親分クラスの人曰く・・・「雨恐れよってどーすんなら!やるど!」
この一言で決定。
今年は100を打たない事を目標にしている。
辛抱に辛抱・・・我慢に我慢・・・。
その甲斐あってか、ナント・・・優勝してしまった!!!
人に自慢できるスコアではないけれど・・・優勝は優勝。
 ハンディ制ではなくWペリアでの順位決定・・・その恩恵をモロに受けてしまった。
 ニアピンも1つ取れたし、終り良ければ全て良し・・・ の1日だった。
 


にほんブログ村 釣りブログへ

オナガ捕獲マニュアル・・・!?

梅雨グレ・・・産卵を終えたクロが再び活発にエサを漁る時期を称した呼び名。
この意味からすると、オナガは例外かもしれないが、例年の今時期、高島では良型のオナガがよく釣れる。
しかし、今年は何故か食いが悪いようで、話にものぼらない。。。
例年の釣り物が釣れないので、ShigeさんのHPではないが・・・ 「尾長依存症」 になりそうである(笑)。
こうなると、オナガの存在する場所に行かなくては、どーにもならない。
そういえば、Blog~やっぱり磯が好き~の管理者、誠さんは下五島に遠征されるらしい。
事前情報では良型のクロが乱舞しているとの事・・・今はイメージトレーニングをされているそうだ。

何故、クロ釣り師はオナガに魅かれるのだろうか? 食わせ方と強烈な引き味!?
私は、その強烈な突進力とハリを飲まれると、プッチンのリスクが増大するスリリング感である。
いつ切られるか!・・・このドキドキ感がたまらない!
一筋縄ではいかない厄介な魚・・・どうやったら取り込み率が上がるのだろうか?
瀬の状況、磯の形状等々で劇的に変わるであろうが、経験則で述べれば下記の4点!

1. 竿は必要以上に起こさない。
2. 浮いても、タモ入れまでに3回は突っ込む!
3. 状況に応じて、ポンピングはNo Good!
4. 頑丈なタックル。

1. 飲んだら頭を振るとか言われるが、オナガも十人十色・・・必ずそうなるとは限らないので、食ったらハリを飲まれている事を想定してヤリトリした方が無難。
口で噛み切るわけではないので、歯とハリスの摩擦を少なくする。
早く浮かせようと焦り、必要以上に竿を持ち上げると、反転された瞬間、歯とハリスの摩擦長が最大になり簡単にプッツンとなる。
魚を怒らせないよう、魚の逃げる方向に竿を倒せば歯による摩擦切れは、ある程度回避できる。
50cm弱のオナガも角度を付けたまま強引に抜こうとしたら、5号ハリスが簡単にブッチン!
証人 : Blog「釣りバカクロ兵衛の釣り日記」の管理者、クロ兵衛さん。

2. よし、浮くぞ! タモに目をやった瞬間、ヤツは一気に反転・・・全速による潜行を開始!
矯めようにも矯められずに竿は伸され、ギューーーン・・・・・ブチっ! あ~ぁ・・・デカかったぁ。。。
かなりの方が経験されるバラシの見本・・・! 反転からの潜行は強烈そのもの!
浮かせても(浮きかけても)、後3回は絶対に潜る!弱ってない!っと心に言い聞かせ、いつでも、レバー等で対処できるように身構えた方が無難。

3. 本流など、遠方から寄せる場合のポンピングは有効だが、近場でのファイトは、カッコ悪いけども、リールのゴリ巻きがBetter。 この魚はヒラマサと同じで、スキを与えるとナンボでも調子に乗って引きまくる。
そして、一旦走り出すと、瀬が近くなるまで止まりません。
ポンピングは竿を倒す際に大なり小なりラインが緩み、相手に反撃する力を与えてしまう。
道糸は痛むけど、竿の弾力を保ったまま、とにかく巻巻巻が一番・・・。
走り出したオナガの引きは強烈だが、一気に浮かせると(巻き取ると)、あれ?っていうくらい簡単に取れる事があるんです。 60クラスも例外ではありません。

4. 捕食の仕方(反転食い)によっては瞬殺もあり・・・それなりに太いハリスで勝負!
細ハリスで取るテクより、太ハリスで食わせるテクも必要と考える。
ダイワさんのグレメタル・・・使った事はないけれど、これは、かなり有効だろうと思う。



・・・自分で書いて自分で興奮しちまったい!!!

ψ(`∇´)ψ  オナガ釣りたいぜい!



にほんブログ村 釣りブログへ

空から降ってきたのは・・・

何気にYahooニュースを見ていたら、空から”おたまじゃくし”が降ってきた!との記事を発見。
Yahooニュース 記事
異常気象の今日、空から何が降ってきてもおかしくはないが、これは想像の域を脱している。
そのうち、カエルも降ってくるのだろうか? かなりキモイ。。。


内容はショボイですが、釣り日記 6月6日高島「ラクダ」をUpしました。
詳しくはHP うちの玄関 にて 

にほんブログ村 釣りブログへ

道糸の巻き替え!

osyare25.jpg高島で酷使した2.5号の道糸を巻き替えた。

5月31日・・・ヒラマサ君との格闘の際、瀬ズレで、かなりの重症を負い短くなったのが理由。

新ラインはサンラインのオシャレ2.5号。

1.75号で操作性は実証済みである。


osyare30.jpgそして、ついでに男女群島で酷使してきた3.0号も巻き替えた!

こっちでは秋以降の出番になるが、メインは離島用・・・。

さすがに、太い号数になると固さが気になるが、強度重視と考えれば問題ないだろう。

これも、サンラインのオシャレを巻いてみた。


tgannma325.jpg更についでに3.25号という超・中途半端な道糸も巻き替えた!

昨年の秋に活躍したDaiwa トリプルガンマ3.25号である。

ヒラソが回ると出番が多くなるが・・・基本的には本流釣りの糸。

巻数も多く、なんと、200m也!

想定は男女群島・・・「帆立岩」の本流釣り。。。

ちゃくちゃくとロクな事を考えていません・・・高島にオナガがいないなら、オナガのいる所に行けばイイ!


ψ(`∇´)ψ ケケケッ  ・・・っとなればイイのですが。。。




にほんブログ村 釣りブログへ

高島「ラクダ」に釣行!

rakuda_iso1.jpg本日、風雨にメゲズ、高島に釣行!

悪天候ゆえか、本日の島義丸は3組・・・内訳は5:1:1である。

たった7人の島義丸・・・。 

他船もかなり少ない感じ。

フカセ釣り・・・1:1でジャンケンに臨むも、やっぱし負け。

 ホンマにジャンケンに弱いyukimaru・・・。

 結果、いつもの定位置・・・「ラクダ」に乗る事になった。

 そして、北東風ビュービュー・・・雨、ザーザーの中・・・。
 
 合羽を着込んで、頑張りました! かなり、さぶかった~。

 訳も分からず、一撃のアタリを物にして・・・なんとかボウズは回避。。。


ジャーン!かなりメタボなクチブト君!


kuro_metabo.jpg

実寸長は38cm! しかし、体高ありすぎ・・・肥え過ぎです。。。

でも、食ったら美味いしょーねぇ~ たぶん。。。

明日、 アツク!! いただきます!

続きを読む



にほんブログ村 釣りブログへ

雨にもメゲズ・・・風にも負けず。

明日は高島釣行の予定。
天候はかなり悪いようで、その恩恵(?)から客も少ない模様・・・。
雨はいい・・・しかし、雨が上がってから吹き始める北東風が問題である。
島根県西部の予報では波高1mのち1.5m・・・しかし、山口県では1.5mのち2.5m!
1.5mはイイとしても2.5mは微妙である。
明日は1人での釣行・・・どの磯まで行けるのだろうか? 松ヶ前あたりが無難なところかな。。。


にほんブログ村 釣りブログへ

yukimaru・・・釣行先記録用ソフト?!

パソコンの地図ソフトを何気に眺めていたら、見覚えのある島が目に入った。
瀬戸内、周防大島の先端~南東にある”片島”である。
この島には野生の山羊が生息していて、島の木々は山羊に食われて一部ハゲている。
山羊が山頂を歩き回るので、釣りをしていても、落石注意の島なのである。
そして、大水無瀬・・・ここには、野生のサルが生息している。
会社のKao君は、サルのBOSSに間違われたのか、後ろを囲まれた事があった(笑)。
そして、小水無瀬・・・高島が一段落(?)したらクロ狙いで行ってみたいと思っている。

たくさんの島々がある瀬戸内海。 行った事のある島をマウスで追ってみると・・・
福島、前島、伊勢小島、黒島、鞍掛島、頭島、浮島、福良島、宇和島。
山陰では高島、鹿島、鞍島、馬島、ヤナ島、伊勢島、大桂島、平島・・・。
最近のソフトは優秀で、私が釣行した島は、ほぼ網羅してあった。
行った島に印を付けて記録していくと面白いかもしれないな。
このソフト・・・なかなかオススメです。

昭文社 Supper Mapple Digital


にほんブログ村 釣りブログへ

グルメ・・・お好み焼き!

090603_1115~01久々にお好み焼きの紹介!
広島市中区大手町のHAZEYAのお好み焼き!
以前にも書きましたが、我が従兄弟がマスターやってます。
今回の中身は肉・玉・ソバ2.5・イカ天・半ネギ。
かなりボリュームがあります。
これで、@1000円也!

ここのお好みの特徴は・・・潰しまくり。
コテで押さえず、蒸してフワッと焼く流儀の正反対!

 とにかく、コテで押さえて水分を抜きます・・・押さえまくりです。
 結果、パリっと仕上がり、コテで切り易く、コテで食べ易いお好み焼きになります。 
 まぁ、パリッ、フワッで好みの分かれる所ですが・・・。

 詳しくは 炎の鉄板 でどうぞ!




にほんブログ村 釣りブログへ

山陰高島「松崎」

matsuzaki.jpg山陰高島「松崎」の磯。
13年前、秋口には良型のヒラマサが大群で押し寄せ、その上礁における競争率は激高であった。
磯自体が広いため、収容人員は10名以上!
そしてメンバーも大メンバーが常であった。
そういえば、昔は6人~7人でよく釣行していた。
?氏を筆頭とするメンバーは、ほぼ船の1番手。
あの狭い 「ゴートー」 に7人が立ち、そして釣る!
カゴだから出来る事ではあるけども・・・。
今では多くても5人まで・・・魚が減ると人も減る。 自然の摂理かもしれないな。


釣り日記5/31をUpしました。詳しくは うちの玄関 にて!



にほんブログ村 釣りブログへ

2009鮎釣り解禁日

kaikin.jpg6月1日は鮎の解禁日・・・この地方では川開けという。
例年なら自分も川に出るのだが、週の初日の月曜日・・・さすがに予定が多々あり、そうはいかない。
車で移動中もついつい気になり見てしまう・・・そんな一コマ。
今年は増水もなく、川底の汚れが懸念されたが、釣果はどうだったのだろうか?  知り合いに出会ったので、聞いてみると、
”ダメ、小さいよ。追いも悪い!” ・・・との回答が返ってきた。
今朝は、冷え込んだので、その影響があるのかもしれない。
出れば良かったのか・・・出れなくて正解か・・・。 微妙。。。
 
 遅かれ早かれ発症するであろう冷水病・・・今年の鮎シーズンも短いかもしれない。
 





にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2