秋の落し込み釣り...

雨の降る悪天候の中、イワシをベイトにした 「落し込み釣り」 に行ってきました。
春にドンチッチ鯵をベイトにしたナンチャッテ落し込み釣りはしましたが、イワシベイトによる本格的な落し込み釣りは今年初.....。釣らせる游漁船「幸豊丸」の船長も初とのことなので、多少の不安を乗せての出港となりました。



約20分ほど走りアジロに到着......
船長の 「いいですよ~」 の合図を皮切りに5本針の落し込み仕掛けを海中に放り込みます。

「ベイトは70m~底まで.....」

300917_kouotoshi0002.jpg

リールのカウンターを睨みつつ、70mからサミングを開始。
ベイトであるイワシが針に掛かったら、そのまま底まで落し込んで大物のアタリを待ち、空振りなら再び70mまで巻き上げて、仕掛けを落としながらベイトを誘います。

なかなかベイトが付かない状況が続きましたが、10投目くらいにようやくベイトがHit!
外れるなよ......慎重にベイト付きの仕掛けを底付近まで落し込みます。
底付近でジタバタと暴れるベイトの動きにドキドキしながら構えていると.......
グイーーーーーン.....っと大きく竿が引き込まれました。
竿を起こしながら電動リールのレバーON! 瀬から離すまではフルパワーで巻き上げます。

程なくして浮いてきたのは.......高級魚のヒラメちゃん。
前回 より小型ではありましたが、嬉しい1尾となりました。

300917_kouotoshi0003.jpg

幸先の良い1尾となったのですが、それからがイケません......
ベイト付かずの状況が続き、船長はベイトを探して四苦八苦。
船長曰く.....ベイトが何かに追われているようで動きが異様に早いとの事。

そして、苦労の挙句にベイトが付いたと思ったら、うっかりカサゴの餌食.....
そんな悪循環の釣りが続きました。

300917_kouotoshi0004.jpg

船長はベイトを探して東へ西へと走り回ります......。
しかし、その苦労は報われず納竿の時刻を迎える事になりました。

300917_kouotoshi0005.jpg

ベイトが鈴なりになって仕掛けに付いてくれたら、イケそうな感じなんですけど......
この釣りはベイトが付かなければ、全く話になりません。
付いた時のドキドキ感は味わえましたが、まだ時期尚早の釣行となりました。
次回リベンジは確定!  w( ▼o▼ )w イクゾォ...

にほんブログ村 釣りブログへ

8月のケンサキイカ

多少、飽きた感はありますが....またまたケンサキ捕獲に行ってきました。
お世話になったのは、まごころ無料の千優丸さん....



午後5時出港......
明るい時間帯はコマセを利かせた胴付き仕掛けで五目のウオを狙います。

300813hamada_senika0002.jpg

潮がブっ飛んでやおーいきませんでしたが、ほぼ1投1尾の割合でウオが上がってきます。
アジにサバにチダイにマダイ......
良型のレンコまで食ってきて、クーラー内は大賑わい。

300813hamada_senika0003.jpg

夜の帳が降りたところで竿をイカメタル仕様に持ち替えます。

300813hamada_senika0004.jpg

シャクって落としてまたシャクる......
するとケンサキイカは次々とスッテをハグしてくれます。

300813hamada_senika0006.jpg

もうすぐパパになる、うちの会社の若手もボッコボコ釣っておりました。

300813hamada_senika0005.jpg

イカばかりでは飽きるので、足元にドボンと仕掛けを落としていたら....
アオハタ君が食ってきてくれました.....ψ(`∇´)ψ ケケケッ

300813hamada_senika0007.jpg

夜遊びって楽しいですねぇ...... w( ▼o▼ )w ヤメレンゼィ...

にほんブログ村 釣りブログへ

イカ捕獲~ヒラメ釣り

釣らせる游漁船「幸豊丸」さんのお世話になり、イカ取りからのヒラメ釣りに行ってきました。

草木も眠る丑三つ時....幸豊丸は静かに出港。
ヒラメのエサとなるケンサキイカの捕獲に向います。
20分ほど西に走りイカのアジロに到着。
早速、アンカーを下ろし集魚灯に灯を入れます。

続々と集まるベイトの群れを見ながら、イカメタル仕掛けを海にドボン!
先ずは底から......
すると1投目からケンサキ君はスッテをハグ。
2投、3投.....活性が高いのかケンサキは続々とスッテを抱いてくれます。
状態の良いケンサキは専用のイケスにKeep。
弱った固体は個人個人のクーラーにKeep..... V(`∇´)V

300811ika_hirame002.jpg

300811ika_hirame003.jpg

タップリとイカを捕獲....
東の空が白々と明るくなったところでヒラメポイントに向います....。



「ハイ いいですよ~」
船長の指示があったところで、ケンサキをエサにした孫針仕掛けを海にドボン!
底を少し切ったタナでヒラメのアタリを待ちます。

「アタリがあっても合わせちゃダメですよ~」 ....っと船長
ヒラメ40....解っちゃいるんですけど、これがナカナカねぇ...... (´Д`;)/ヽァ・・・

300811ika_hirame004.jpg

アタリがあれどもハリに乗らず......
思わず合わせてしまった.......
などなど、船中は賑わいますが、ナカナカ捕獲に至りません。

そんな中、待ちに待って捕らえたのは食い頃サイズのマダイ。
夏にしてはプックリと肥えた美味そうな固体でした。

300811ika_hirame005.jpg

本命のヒラメは船長の奥様が釣った1枚のみ!
ヒラメがイカを咥えてもハリに乗らない状況が続きます.....
そんな中、待ちに待って今度こそ.....っと思わせたアタリでしたが、さにあらず.....
考えようによっては本命より嬉しい外道のマハタ君が上がってきました。

300811ika_hirame006.jpg

一応の美味を捕獲したので、帰省中の孫に食わせてやれる安堵感.....V(`∇´)V
その安堵感で殺気が消えたのか、最後の最後に本命ヒラメが食ってきてくれました。
70cmクラスのブ厚い個体......。
旬の時期ではありませんが、美味そうな1尾となりました。

300811ika_hirame007.jpg

300811ika_hirame008.jpg

前回のヒラメ釣り はエサのイカが死にまくってやおーいきませんでした。
今回はそれが無かったので、前回よりは楽だったのかもしれません。
しかし、待ちに待つ釣りはナカナカ辛い.......
アタリがあっても合わせちゃダメな釣りは心の鍛錬が必要ですね。
次回は心を鍛えて臨みます.....w( ▼o▼ )w ガンバルゾォ...

にほんブログ村 釣りブログへ

飽きもせず.....

今シーズン何回目だろう.....   
ふと考え込んでしまいます  V(`∇´)V ヨーイクノゥ

仕事を終えての午後7時
千優丸さんのお世話になり、再びケンサキイカの捕獲に行ってきました。



綺麗な夕日を眺めながら港を出港。
約10分ほど走ってアンカーを下ろします...。
明るい時間帯にもポツポツとアタリはありましたが、やはり本番は夜の帳が下りてから.....。

300802_senyuIKA0002.jpg

300802_senyuIKA0003.jpg

しかしながら、タナはバラバラ....大きさもバラバラ..... (´Д`;) ヤレンノゥ
釣趣満点の 「大剣」 を期待していたのですが、不発。
どちらかと言うと数釣りの釣りとなりました。

300802_senyuIKA0004.jpg

300802_senyuIKA0005.jpg

日付の変わった午前0時30分 納竿
今回のHitカラーは紫系とオレンジ系でした。
次回は久々に連結で 「漁」 をしようと思ってます..... w( ▼o▼ )w リョウシモードon!

にほんブログ村 釣りブログへ

イカ 取り~からの ヒラメ釣り

草木も眠る丑三つ時.....に港を出港。

今回は朝方までイカを捕獲...そして、夜明けと共にそのイカをエサにヒラメを釣ろうって寸法。
エサも高級なら釣り物も高級っていうゴージャスな楽しい釣りとなりました。
釣れれば.....ではありますが... w( ▼o▼ )w アマリアテニナラン...

300722hamada_00001.jpg

桧ケ裏の港を出て約20分ほど西に走りポイントに到着。
早速、ヒラメのエサとなるケンサキイカの捕獲に入ります。
かなり水深のあるポイントでしたが、イカメタルを放り込むとケンサキイカは順調にHit!
掛かり所が良くてエサに良さげなサイズはイケスに直行、その他は墨を吐かせた後、キンキンに冷えたクーラーに直行となりました。

300722hamada_00002.jpg

300722hamada_00003.jpg

イカ取りの楽しい時間はあっという間に過ぎ、いよいよ夜明け。
これからは道具を一新してのヒラメ釣りとなります。
アンカーを上げヒラメの巣食うアジロに向うと、夫婦船頭で有名な某游漁船も来てました。

300722hamada_00004.jpg

「いいですよ~」
船長の合図と共に孫針仕掛けにイカを引っ掛けて海中にドボン!
水深120mの海底を探ります.....。

「居ったら直ぐにくるよ~」
.....のハズでしたが、反応があってもナカナカ食い込んではくれません。
「なんで走らんのや~」 っと船長も困惑気味。
ヒラメ40遅合わせ......っと言いますが、40どころか100待ってもハリに乗ってはくれません。そして時間の経過と共にイケマで生かしているエサのイカが次々と死んでいきました。

300722hamada_00005.jpg

エサが無くては釣れるモノも釣れません。

「やってしもうたのぅ.... (´Д`;) ボウズカイノゥ... 」

手に持っていた竿をラークに掛け、ネガティブな気持ちで竿先を見ていると、かすかに竿先がブルブルブルっと震えました。直ぐに手に持って道糸を送ります..... すると再びブルブルブル。

「キタキタキタ~ 大事にしてよ~」 っと船長。

「そりゃぁ~はしれ~」 船長と二人で気合を入れます。 が、全く走ってはくれません。
待ちも待ったり、ヒラメ200位は経ったでしょうか.....
このままでは埒が明かないので、イチかバチかジンワリと引っ張ってみることに....。
するとズーンと重たい反応の後にグイーン.....っと竿先を引き込んでくれました。
満を持しての大合わせ! 一気にビーストのスロットルを開けて道糸を巻き取ります。
ほどなくして浮いて来たのは本日の本命 ヒラメさん。
船長が一発で掬ってくれて無事GET! イケスにキッチリと入る大きさでした。

300722hamada_00006.jpg

午前8時20分 暑さとイカ不足により納竿。
イカ良しヒラメ悪し.....でかなりストレスの溜まる釣りとなりました。
どこまで待てるかがこの釣りのキモ.....。 修行の日々は続きそうです。

にほんブログ村 釣りブログへ

イサキからケンサキへ...

人気の游漁船「幸豊丸」に乗っけてもらい夏の旬であるイサキを釣りに行きました。
事前情報によると、イサキはナンボでも釣れる.....との事。今回はイサキとケンサキの2本立て釣行なので、後の供養の事を考えると、クーラーの大きさに悩んでしまいます。
釣らんと船長が怒りそうだし、釣れば釣ったで後がおおごと...... w( ▼o▼ )w ドーシマショ...

午前5時 浜田港を出港。
約20分ほど走ったところでエンジンがスローになりました。

300714hamadaW_0001.jpg

オキアミボイルをエサにしたカゴ仕掛けを準備して船長の合図を待ちます。

「いいですよ~!」

船長の合図と共に仕掛けをドボン.....
指示ダナをKeepして置竿で待っていると、竿先 「ガガガッ....」
直ぐにアタリはありました。

300714hamadaW_0002.jpg

上がってきたのは本命イサキ。
しかし、長寸はあるものの、いつもの旬の固体と比べたら明らかに痩せています。

「これは脂がノッてないかも......」
バサバサの身の味を思い出し、妙な不安が頭を過ぎります。

300714hamadaW_0003.jpg

そんな不安は関係無しに仕掛けを落せば、ほぼ確実に食ってくるイサキ.....
楽しいのではありますが、さすがに飽きてしまいました。

300714hamadaW_0004.jpg

ナンボでも釣れるので、3本針を2本針に.....そして最後は1本針に。
それでも確実に数は増え、午前10時にはクーラー満杯で帰港の運びとなりました。

300714hamadaW_0005.jpg

イサキの入ったクーラーに氷を詰め、【夜の部】までの時間をボヤ~っと消化します。
そして時は17時....「海晴丸」さんのお世話になり 待ちに待った【夜の部】 がスタート。
海晴丸は桧ケ裏を出港。チョロっと走り、アンカーを下ろしたのは馬島の前。
センジョウ、タイコ、ミズタニ、オオノビラ.....
久々に馬島の磯をゆっくりと眺める事ができました。

300714hamadaW_0006.jpg

昼の疲れにより、本日は二刀流は封印....イカメタル一本で勝負します。

300714hamadaW_0007.jpg

明るい時間帯にアタリはありませんでしたが、集魚灯に灯が入ってからはポツポツながらケンサキイカがHit!浅いレンジでは小型のケンサキが多かったのですが、底付近では「大剣」と呼べる固体がイカメタルに抱きついてきてくれました。

300714hamadaW_0008.jpg

午前0時 さすがに疲れて納竿.....
帰ってから爆睡となったのは言うまでもありません.....。

 【夜の部】でお世話になった 「海晴丸」さん 
私がキチガイの如く高島に通っていた頃の知人が船長をしています。
懐かしき先代の島義丸船長の時代....。
ちなみに釣り好きが高じてこうなった.....らしい(笑)

300714hamadaW_0009.jpg

例年なら脂ギッシュなイサキのお造りですが、今回はとても淡白。
これはこれで美味しいのかもしれませんが、イサキ脂の先入観があるせいで脳が勘違いをしてしまいます。とても面白い感覚でした.....(笑)

300714hamadaW_00010.jpg

海晴丸の船長とも話したのですが......
イサキはやはり 高島 「ゴートー」 産に限ります。 w( ▼o▼ )w ゴートー サイコウ!

にほんブログ村 釣りブログへ

ケンサキイカの捕獲

千優丸さんのお世話になり、またまたケンサキイカの捕獲に出かけました。

300708hamadaika_001.jpg

17時10分 浜田港を出港......
約10分ほど走ってアンカーを下ろします。
北東方向からのウネリがけっこうキツク、今夜はかなり苦戦しそうな感じ。
ウネリが取れる事を願いながら、準備開始となりました。

他の仲間はイカメタル仕掛けを放り込み、底近くをシャクっていましたが、自分は地アミを使った胴付き仕掛けをドボン!.....美味なるアジを狙います。

300708hamadaika_002.jpg

しつこく喰ってくるフグ(カナトフグ)に耐えながら頑張っていると、鯵ならぬ鯛がHit!
暗くなるまで頑張りましたが、結局、鯵のアタリを捉える事はできませんでした。

エサが無くなったところで、仕掛けの交換。
いよいよ イカTime! ψ(`∇´)ψ ケケケッ

300708hamadaika_003.jpg

いつもなら漁師モードに入り、連結掛けとイカメタルの二刀流となるのですが、今日はウネリが強いので早々に連結は断念。イカメタル一本槍での勝負となりました。

釣趣満点のイカメタルですが、今日はウネリがいけません。
小さいアタリが解らない上にレンジの幅もナカナカ絞れません。
浮きスッテをエギに換えた途端、大剣がエギに乗ってきましたが、これも続かず.....。
小型主体で微妙なアタリを拾う釣りとなりました。

300708hamadaika_004.jpg

60ハイ余り釣ったところで、本日はゲームセット。
最後の最後にアジが喰ってきたのには笑いました..... w( ▼o▼ )w アジング?

300708hamadaika_005.jpg

釣果的には納得しているのですが、レンジの幅とスッテの換え時には納得いかず.....。
釣っているのか.....それとも釣れているのか。
毎度の事なんですが、やおーいきません.....  (´Д`;)?・・・

にほんブログ村 釣りブログへ

深夜便にて....

20時以降に出船する 「深夜便」 に乗って再びケンサキイカの捕獲に出かけました。
遠足に出かける前の気分で仕事を終えて18時に自宅を出発。
夕食を済ませメンバーが揃った20時30分、港を出港する運びとなりました。



今日も近場ということで、10分程度走ったところでイカのアジロに到着。
アンカーを下ろし、集魚灯に灯を入れてイザ開始となりました。

連結スッテ、イカメタルと釣り方のスタイルは様々ですが、自分は今回も二刀流.....。
どちらのもそれなりにHitしましたが、釣りの趣としてはイカメタルに軍配が上がるように思います。あくまで好みではありますが....。

300629_ika00002.jpg

船のミサキにも二刀流の使い手が居たのですが、イカメタルの方にボンボン当たるので、連結スッテはそっちのけ.....イカメタルの釣趣を楽しんでおられました。

300629_ika00004.jpg

今回、我がメタルには 「大剣」 と言っても許してもらえそうなデカ・ケンサキがHit!
連結のゴリ巻きとは違って、ライトタックルを手に持ってのヤリトリはタマリマセン。
誘って掛けるゲーム性、そして掛けてからの何とも言えないヒキ味はクセになりますね。

300629_ika00003.jpg

スッテのカラーとタナの見極め......
イカ釣りはこの2つに集約されると思いますが、未だにスッテのカラーローテーションに自信がありません。どのタイミングで換えるか......私には永遠の謎のように思われます。

300629_ika00005.jpg

簡単に分からんから面白いとも言えますが..... w( ▼o▼ )w ビミョウ...!?

にほんブログ村 釣りブログへ

ケンサキイカを捕まえろ!

凪の週始め、深夜上等のイカ釣りに出かけました。
イカ釣りは夜釣りなので仕事を休まなくても行けるってのがストロングポイント。
翌日は寝不足でキツイですが.....。

18時30分 恵比寿さんのお世話になり、浜田港を出港。
ベタ凪の日本海を約10分ほど走り、ケンサキイカのアジロに到着。

300625ika_0001.jpg

まだ明るい時間帯ですが、水深がある事を期待して、イカメタル仕掛けを海に放り込んでみます。底を基本にシャクっているとポツポツながらケンサキがHit!明るい時間帯での釣果なので、これは灯りを入れたらイレグイ.....っと思っていたのですが、意外にもアタリは続きません。

300625ika_0003.jpg

寄ってくるハズのベイトフィッシュもまばらなので、船長はアンカーの打ち換えを決断。
岸よりにアンカーを打って仕切り直しとなりました。

今夜はイカメタルのみを楽しもうと思っていたのですが......
残り時間と釣果を考えると漁師モードに入らなくてはいけません。

.....で、いつものメタル+連掛けの二刀流へ。

300625ika_0002.jpg

楽しいと言うよりも忙しい時間を過ごし.....何とか形になりました。
ケンサキイカの捕獲.....成功! V(`∇´)V 

300625ika_0004.jpg

小型が多い釣りとなりましたが、今回は沖漬けを作成。
釣り人しか味わえない美味も堪能する事ができました.....V(`∇´)V

300625ika_0005.jpg

暫くの間はイカにハマりそうですが、ノンビリとしたイカ釣りを楽しみたいと思うのは贅沢でしょうかねぇ.....。

にほんブログ村 釣りブログへ

甘鯛釣り! 

「恵比寿」さんのお世話になり、浜田沖へ高級魚 「アマダイ」 を釣りに出掛けました。

午前6時 浜田港を出港.....ベタ凪の日本海を沖へと進みます。
約30分程度走ったところで、アマダイのアジロへ到着。

水深は約100m。
仕掛けの準備ができたところで、100号のオモリを海底に向けて送り込みます。



3本ハリ仕掛けに使うエサは中エビと青虫。
海底をトントンと叩くようにしてアタリを待ちます。

300623amadai_002.jpg

すぐにアタリはありましたが、食ってきたのはアマダイ釣りの税金、「レンコ鯛」。
とある船長曰く.......

「レンコを10枚は釣らんとアマダイには成らんよ.....」

それくらい「レンコ鯛」の魚影が濃いって事でしょうが、こ奴らは色姿に似合わず、かなり獰猛なウオでエサを一度見つけるとしつこくアタック。ボヤ~っとしてたら上手にエサを取っていきます。食味が良いのが救いですが、エサを大量に消費する事になるのでナカナカやおーいきません。

300623amadai_003.jpg

そのうちに食うぢゃろ.....
アンケツこいていたのですが、税金を10枚釣ってもアマダイのアタリを捉える事叶わず.....

もしかしてボウズ喰らうんか......  (´Д`;)/ヽァ~  
ものすごくブルーな気分での釣りとなりましたが、終盤に連発で喰ってきてくれました。

300623amadai_004.jpg
300623amadai_005.jpg

水深70mで暴れるウオに最初からガゴンガゴンと暴れるウオ.......
アマダイにも各々個性があるようです... w( ▼o▼ )w イロイロダ...


値10Kクラスのアマダイはお造りに....

300623amadai_006.jpg

ゼラチン豊富なトロットロの皮は酢の物に.....

300623amadai_007.jpg

値6Kクラスのアマダイは焼き物にて楽しみました。

300623amadai_008.jpg

そして、税金と言われたレンコ鯛は 南蛮漬けにへんげ!

300623amadai_009.jpg

レンコ鯛は酢〆でもいただきましたが、税金とバカにできない美味さ.....。
専門に狙うのもアリかもしれませんね。

にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2