アジ釣りのち根魚

初釣りから1ヵ月余り......やっと海に出ることができました。
狙いはアジ、サバ。 そして、イルカ出現時の保険に根魚という仕立て...(笑)

午前6時半、恵比寿さんのお世話になり浜田沖のアジロを目指しました。
海はベタ凪....... V(`∇´)V

200229ebisu_go0001.jpg

アジ・サバのアジロに着いたところで、先ずはサビキ仕掛けを落とします。
「底から15mくらいに反応あるよ!」
船長の声に思わず胸が躍ります。

しかし、ポツポツのアタリはあっても、サビキ釣りの醍醐味でもある鈴なり状態にはなりません。
挙句の果てには魚探の反応も出なくなる始末。
活性低下.....
こうなると釣り人の活性もズンズンと低くなってしまいます。

なので、気分を変えるべく 根魚釣りへと仕掛けを変更。
サバの切り身をエサにして海底へと仕掛けを送り込みます......
すると本命であるボッコウ(カサゴ)が直ぐに食ってきてくれました。

200229ebisu_go0002.jpg

アジ・サバの活性がウソのようなボッコウ祭り!
ボッコウ釣って、飽きたらサビキに変えて時々、アジ釣り....

200229ebisu_go0003.jpg

変形二刀流を駆使した結果、十分な釣果に恵まれました。

200229ebisu_go0004.jpg

船長によるとアジ・サバがバンバン釣れる時期にはまだ少し早いとの事。
アジ、時々ボッコウ釣りが正解との事でした。
クーラー小さくて良かった..... w( ▼o▼ )w セイカイヂャ...

にほんブログ村 釣りブログへ

初釣りの儀

令和2年の初釣りは船上より.......

例年なら大奈佐美海域のイカダで行う初釣りですが、今年は浜田沖で行いました。
狙いのウオは落し込みでのブリ狙い.......ですがかなり薄いとの事。
おまけに天候も悪くなる予報なので、根魚釣りも視野に入れての釣行となりました。



先ずは海に「御神酒」を奉納し、今年の安全釣行と少々の釣果を祈ります。

200119_kouhou00002.jpg

「いいですよ~ ベイトは80mから底まで.....」

船長の合図と共に強靭サビキの仕掛けを海に落とします。
リールのカウンターとにらめっこ..... w( ▼o▼ )w ソロソロヂャ...
指示ダナまで落すとすぐにベイトが付きました。

それを底まで誘うと........
喰ってきたのはブリならぬメジでした。
ベイトのアジがかなりの良型だったので期待したのですがねぇ.... (´Д`;)トホホ

200119_kouhou00004.jpg

喰ってもメジ....ならば良型のアジの方がええのぅ。
......って事でベイトの確保に精を出します。
お土産のアジをひとしきり釣った後は根魚釣りにチェンジ!
すると開始早々に良型の 「うっかりカサゴ」が喰ってきてくれました。

200119_kouhou00003.jpg

午前10時30分.....予報より早く吹き出した西風に船は大揺れ。
船酔いが酷いお客もおられたので、早々に撤収する事になりました。

一応、本命であるブリの同族を釣ったので初釣りは成功......(笑)
浜田の海と船長に感謝の初釣りとなりました。

にほんブログ村 釣りブログへ

竿納めの儀

今年の竿納めは船釣りにて.......
狙いのウオは正月魚ということで、泳がせでの鰤!.......保険はジグによる豆ヒラ捕獲(笑)

今日、お世話になるのは釣らせる遊漁船「幸豊丸」
午前7時、先ずは泳がせ釣りのエサとなるアジの捕獲へ向かいました。
ひとしきりアジを釣った後はいよいよ鰤の泳がせ釣りへ!
......っと言いたいところですが、ジグで保険の豆ヒラを確保する事になりました(笑)

191229koukou_oyo0010.jpg

なんでも朝一でないと素人ジガーには釣果の荷が重いそうな.... (;´д`)ハハハ...
ハァハァ.....と息も切れ切れになりながらジグをフリフリします。
何とか豆ヒラを2~3本確保したとこで、いよいよ本命魚の鰤を捕獲しに行くことに.....。
その鰤がいる海域は昔、足繁く通った高島の沖でした w( ▼o▼ )w ナツカシィ...

191229kouhou_oyo0001.jpg

水深約95m、そこへ生きたアジをハリに掛けて送り込みます。
すると、ガゴガゴっと前アタリがあった後、一気に竿先が海中へ!
ゆっくりと竿を起こし、電動リールの巻取りレバーを倒してラインの回収に掛かりますが、リールは唸るだけ......そして、負荷に負けたドラグは遠慮なくラインを放出します。

5m巻いては10m引き出される.....そんな感じのヤリトリでしたが、時間の経過と共に流石に敵も疲れたのか、ジワリジワリと浮上を開始しました。
心配の種は他の釣り人とのオマツリですが、それも何とか回避。
船長の構えるタモに滑り込ませる事ができました。

191229kouhou_oyo0002.jpg

驚愕はその胴回り......
ナント!ペール缶サイズ......笑える絵が撮れました(笑)

191229kouhou_oyo0004.jpg

船中は続々と竿が曲がります......
流石、釣らせる船長ですね。

191229kouhou_oyo0005.jpg

結局、5回Hitして3本Getの2本バラシ。
1つはハリ外れでしたが、もう1本は好きなように走り回り、16号のハリスを切って逃げました....逃がした魚はデカいって言いますがあれはデカかった.....(;´д`)トホホ

ビッグレジャークーラーの75Lを持ち込んだのですが。3本がギリ......
なので一人勝手に納竿して皆さんの釣りを眺めることにしました。

191229kouhou_oyo0008.jpg

14時30分 納竿
港に帰って鰤を並べてみましたが、これがナカナカに凄まじい光景......w( ▼o▼ )w ナントモハヤ
幸豊丸大漁の1日となりました。

191229kouhou_oyo0006.jpg

家に帰り検量してみたら、11kgを超えていました。
なんともメタボな鰤.....体形、おかしいですもんね(笑)

竿納めの儀、海のお許しと船長のおかげで良い納めとなりました。
来年もこうありたいものです m(__)m

191229kouhou_oyo0007.jpg

今年1年、道楽三昧においで下さり誠にありがとうございました。
不定期更新ですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それでは皆様、良い年をお迎えください。

にほんブログ村 釣りブログへ

下五島への旅 2日目

昨日までのシケがウソのような凪予報。
なので客が押し寄せ、都丸は3便まで出るそうな...... (´Д`;)/

午前4時、お世話になった民宿「旅の宿」を出て、荒川温泉を目指します。
約40分で荒川港に到着。寒いのぅ....と呟きながらゴソゴソと車から出て準備を開始。
都丸が帰ってきたところで、船に乗り込みました。



今日のパートナーはnaoさん。
都丸は凪の海をズンズンと進みながらお客を磯に下ろしていきます。

船のキャビンで船長と話していたnaoさんがデッキに出てきて.......
「次、行きますよ~」

まだ辺りが暗い中、都丸がホースヘッドを押し付けたのは偶然にも.....
【昨年の遠征初日】に乗った磯でした。

191215oosezaki_miyako0002.jpg

明るくなったのを頃合に仕掛けの準備にかかります。
時折、東から吹き付ける風が気になったので、仕掛けの重さは昨日と同じ。ライン号数だけを上げて昨日と同じパターンで組立ててみました。

1投目.....怪しいウキの変化が気になり竿を起こすと、ウオの重さが竿に乗ってきました。
ガゴンガゴンと妙な引きを見せるウオ......頭に?を浮かべながらのヤリトリとなりましたが、浮いた魚体はなんとチヌ!外海だけに銀鱗眩しい綺麗な固体でした。

191215oosezaki_miyako0003.jpg

忘れた頃に食ってくるのですが、ほとんどが足の裏サイズ。釣ってはリリースの繰り返しでなかなかキープサイズが食ってくれません。潮変わりを待つしかないのか.....そう思いながらマキエを打つ位置、仕掛けを入れるタイミングを変えて探っていると、やっとこさ30cm後半のクロが食ってきてくれました。

191215oosezaki_miyako0004.jpg

タイミングを変えて釣った1尾.....なので確実に次に繋がる訳ではありません。
小型に悩まされながら....エサ取りに悩まされながら釣りを続けます。

191215oosezaki_miyako0007.jpg

上げから下げに変わった時間帯。
今遠征一のクチブトが竿を曲げてくれました。
痩せた個体ですが、40をチョイとオーバーのクチブト君!

191215oosezaki_miyako0005.jpg

良型Getに潮変わりからの展開を期待しましたが、下げ潮が進む程に魚の活性も下げてきたようでサシエも取られない状況に。冷水塊でも入ったのか、綺麗な形で返ってくるサシエが冷たく、ウオの活性の低さを連想させます。これではヤレン.....ハリの号数を落とし再探索。続いてハリスの号数も落としてみましたが、状況の打開には至りませんでした。

191215oosezaki_miyako0006.jpg

結局、下げに勢いの出た11時頃から、まともなアタリ無し...... (;´д`)トホホ…
一瞬で変わる海の厳しさを感じた遠征となりました。
今思えば繰り出せる手段もあったような......そう思わせる事が次への活力へとなるのでしょうね。
次回、それを忘れずに実践したいと思います。

にほんブログ村 釣りブログへ

下五島への旅 初日

12月の中旬、五島列島は下五島へ行ってきました。
毎年の恒例行事である naoさんコーデでのクロ釣り&忘年会!
フェリーで福江に行ってそこを拠点に磯で釣り、その夜は皆で宴会....そして翌日、フェリーの時刻まで釣ってから帰るというゴージャスなプラン。シケてもどこかの磯で竿が出せるという五島列島ならではの遠征釣行ですが、naoさんのおかげでかれこれ8年くらい続いています。
今回のメンバーはnaoさん、Kさん、タッチャンの4名。
午前8時長崎港発のフェリー万葉に乗り、福江港までの船旅を楽しみました。



当日は大瀬崎周辺の磯に乗る予定でしたが、北西風によるシケとのことで敢え無くOUT!
せいわ渡船さんで福江島周辺の磯に乗ることになりました。

191214shimogotou_seiwa0002.jpg

さてさて何処行くか? ......っとなる訳ですが、舵を握る康ちゃん船長......

「吹くけど行ってみようか.........」

で乗ったのが、多々良島の灯台というところでした。
なんでもジャパンカップ全国大会のセミファイナルが行われた磯だそうな......

191214shimogotou_seiwa0003.jpg

Kさんと2人で乗ったのですが、まっ平らの釣り座を譲っていただきました。

191214shimogotou_seiwa0004.jpg

超優良な足場にバッカンを置きマキエを撒いて潮の考察.....仕掛けの準備に入ります。左後方より吹き付ける風が強力なので3B弱の仕掛けの重さを選択。
道糸2号にハリス2号を張ってみました。

久しぶりの磯フカセなので、マキエを撒き、仕掛けを入れ、追いのマキエ....の動作を繰り返します。すると、意外にも早くアタリがありました。上がってきたのは足の裏サイズのクチブト君。

Kさんから......
「足の裏サイズのクロは職場のオバちゃんに頼まれているから......」

.....って事なので取りあえずキーパーバッカンにキープ。
サイズUPを目論んでマキエのタイミングや位置、タナを変えて攻めてみますが、劇的なサイズUPには至りません。手の平から40弱までの探り釣り、サイズ幅の差が広い釣りが続きました。

191214shimogotou_seiwa0005.jpg
191214shimogotou_seiwa0006.jpg

コッパが続くと気分転換に磯を散策してみます。
何か良いモノ落ちてないかな...... (笑)

Kさんも小型のクロに苦戦している様子.......。彼は極細PEに自立棒ウキの使い手。スパっと視界からウキが消える瞬間にハマっているそうです。

191214shimogotou_seiwa0007.jpg

コッパのアタリが遠のいた16時.....
ユラユラと残像を発しながら海中を漂うウキがマッハの速度で消えました。
鬼合わせが決まった瞬間、竿には確かな重量感がドン。
今までにない重さなので慎重に竿の胴を引き締めます。尾長の名前を冠する愛竿は綺麗な曲がりを保持しつつ、ジワリジワリとウオを浮かせにかかります。海面下に良型のクロを確認、タモにすくい取ったのは43cmのオナガグレでした。

191214shimogotou_seiwa0008.jpg

時合がきたのか、はたまた偶然か......オナガが連発 w( ▼o▼ )w オオォォ!

191214shimogotou_seiwa0009.jpg

2度ある事は3度ある..... ψ(`∇´)ψ ケケケッ
ほくそ笑んで合わせを入れましたが、最初の一撃で竿を伸されかかる事に。
その剛力に少々ビビリましたが、本日使用しているウキは某高級ウキ!弱気が勝って糸を出し、高切れした日にゃ目もあてられません.....なので、ハナっからガチンコ勝負となりました。 

竿は1.5号強で道糸ハリスは2号.....無理の利くタックルではありません。見てとれる沖の沈み瀬の上に走った時には、一瞬諦めましたが、何故かウオは反転して沈み瀬を避けてくれました。
諦めから一転、もしかしたら取れるかも......V(`∇´)V

191214shimogotou_seiwa0010_.jpg

弱気無用のヤリトリが功を奏したのか、ウオはイヤイヤをしながらもゆっくりと浮上。ギラリと光る細長い魚体は最近、船釣りでよくお目にかかる青物君でした。見えてからも危険な青物君....オナガと同様ですが、この固体はすんなりと浮いてきてくれました。

タモ入れに少々難儀しましたが、無事にGet!
検寸70cm.....取れた喜びよりもウキが助かって嬉しい1本でした。

191214shimogotou_seiwa0012.jpg

外道フィニッシュではありますが、時間も時間なのでこれにて納竿。
魚を〆て迎えの船を待つことにしました。

191214shimogotou_seiwa0013.jpg

明日の大瀬崎は凪予報.......
その夜の宴会が盛り上がったのは言うまでもありません。

にほんブログ村 釣りブログへ

泳がせ釣り...

師走の週末、浜田沖に出ました。
狙いの魚は青物~根魚ですが、釣方がいつもの「落し込み」ではなく「泳がせ」釣り.....。
湾内でエサとなるアジを釣り、そいつをエサに大物を釣るってヤツです。
船長曰く......
「落し込みのベイトがねぇ....アテにならんのよ......」   との事。

午前6時50分、港を出港。
湾内でエサとなるアジをタップリと釣り、本命のポイントに向いました。



ポイントに着いて先ずは魚探を確認。
それらしきベイト反応があるとの事なので、「落とし込み」の仕掛けでやってみます。
しかし、魚探反応のあるタナでベイトが食ってくれません。
なので、「落し込み釣り」は早々に見切り、アジを付けての泳がせ釣りへと変更になりました。

生きの良いアジをハリに付け、強制的に海底へと誘うと.......
ガツガツ........ガガガガガガッ のアタリをキャッチ!
引き上げてみると、見るからに美味しそうなアコウがハリに付いていました。

191208_ebisuoyo0002.jpg

エサはタップリとあるので、弱ったらすぐに生きの良い固体に付け替えます。
すると、ヒラマサと小さいマハタのWヒット!

191208_ebisuoyo0003.jpg

ハタもおるんか.......
感心していたら、先ほどの小さいマハタの親分クラスが喰ってきてくれました。
50cmは優に超えるプックリと肥えた美味しそうな魚体......V(`∇´)V
同船メンバーの 「ワシによこせ!」 の視線が刺さってヤレマセン.....(笑)

191208_ebisuoyo0004.jpg

そんな視線が薄れ掛けた所で喰ってきたのが、メジ......俗に言うハマチクラスでした。
寒の時期......そろそろ身が白くなって美味いだろうの期待の1本。
後日談.....まだまだ身が真っ赤で食えたものではなかったとの事

191208_ebisuoyo0006.jpg

次に竿を曲げてくれたのは、根魚の中ではあまり好まれないアオハタ君......
鍋にしたらけっこう美味しいので私は好きなのですが.....

191208_ebisuoyo0007.jpg

何度かポイントを移動して釣っていると.......
いきなり 「ガツーーン」 の男らしいアタリをキャッチ!
最初の抵抗はけっこうなモノでしたが、根から引き離した後はただただ重いだけ.....
「なんぢゃろ? なんぢゃろ?」
想像力を膨らませながら糸をリールに巻き取ります.......。
そして、海面にザバーーーンと浮いた姿を見た瞬間、涎が.......(笑)
クエ 九絵 アラ モロコ......

191208_ebisuoyo0008.jpg

当然、 「ワシによこせ!」 の視線はキッツイですが、船尾で釣る仲間にもクエがHit!
キッツイ視線は半減に.......w( ▼笑▼ )w

午後3時前......
最後はうっかりカサゴを釣って納竿となりました。

191208_ebisuoyo0010.jpg

五目を極めあげた今アジの泳がせ釣り......
またまた船長の案内に感謝の釣行となりました。 

にほんブログ村 釣りブログへ

浜田沖は混雑.....

晴天に恵まれた週末、浜田沖へ行ってきました。
狙いのウオは「落し込み」によるヒラマサ君。

午前6時、港を出港....。
ポイントに着いてベイト探しとなりました。



「おったおった.....どうぞ~」

船長の掛け声と共に強靭サビキ仕掛けを海中に落します。

「50mから下! んっ!? 65mから下!」

指示ダナがコロコロ変わるので、ベイトが本体に追われて右往左往しているようです。
こんな時はベイトがナカナカ針に付きません.....

しかし、マグレでも何でもベイトが針に付いたら、こっちの勝ち!
本体であるヒラマサが一発で喰ってきました..... V(`∇´)V

20191123_ebisuo0002.jpg

ベイトさえ付けばヒラメも一発!

20191123_ebisuo0003.jpg

貴重なベイトを豆ヒラ(ヒラゴ)にかなり取られましたが、美味なハガツオも捕獲!

20191123_ebisuo0004.jpg

今回も船長の判断で良い釣果に恵まれました.....。

にほんブログ村 釣りブログへ

落し込み!

絶好の釣り日和に恵まれた週末、2週連続で浜田沖へ行ってきました。
狙いのウオは磯の暴君といわれるヒラマサ君...  w( ▼o▼ )w

午前6時、港を出港!
アジロに着くと先ずはベイト探し.....
船長は魚探とニラメッコでベイトの群れを探します。

20191109_muromaru0001.jpg

「おったおった! ええよ~!」
船長の掛け声を合図に仕掛けをドボン.......
すると水深70m付近でプルプルとベイトのアタリを捉えました。

そのまま底まで落とし込んでアタリを待っていると......
ガガガガガッ.....と妙なアタリをキャッチ。
電動ONで一気に巻き上げると、さしたる抵抗も無しに上がってきたのはアオハタ君でした。
鍋確定..... 血抜きしようとナイフを探していると......

20191109_muromaru0002.jpg

「ベイトおるよ~..... 落として落として!」

前回と同じく釣れた魚は放置して仕掛けを落します。
すると、直ぐにベイトがフックオン! そのままのタナで待っていると.....
一気に竿が海面に向けて突き刺さりました。

前アタリ無しの一気呑みはヒラマサの期待度大!
電動ONと同時に竿を起こしにかかりますが、ドラグがズルズル....(´Д`;) ハァ...
早く底を切らんとヤバイので、ドラグをキンキンに締めて一気に浮かせにかかります。
その無理くりな手法に敵も体力を使い果たしたのか、徐々に浮いてきました。
上がってきたのは80cmクラスのヒラマサ君。
嬉しい本命捕獲劇となりました。

20191109_muromaru0003.jpg

その後は旬のサワラが登場し.....

20191109_muromaru0004.jpg

美味なハガツオを捕獲!

20191109_muromaru0005.jpg

途中、ベイト探しの船団でごった反しましたが、船長の案内のおかげで良い釣りとなりました。

20191109_muromaru0007.jpg

次回もこうなるとイイナ.....V(`∇´)V

にほんブログ村 釣りブログへ

祭り魚の捕獲...

11月は豊年満作を祝う秋祭り!
その祝膳を飾る「魚」を捕獲するため浜田沖に行ってきました。



対象は落し込みによる青物捕獲。つまりはヒラマサ狙いです。
事前情報ではナンボでも釣れる.....との事 ψ(`∇´)ψ ケケケッ
取らぬタヌキのなんとやら....ですが、気持ちは上がります。

午前6時過ぎ...けっこうなウネリの中を船は進み沖のポイントに到着。
魚探とニラメッコしている船長の合図で強靭サビキ仕掛けを海中に落します。
すると、すぐにプルプルプルと弱々しい魚信.....
70m付近で喰い付いたイワシであろうベイト、それを底まで下ろしてアタリを待ちます。

すると少々の前アタリの後.....いきなりガッツーン!
竿先を一気に海中に引き込んでくれました.... V(`∇´)V

合わせをくれて底を切り、後はリールの力にモノを言わせて糸を巻き取ります。
程なく上がってきたのは良型のヒラマサ君。
通常なら魚を〆て血抜きをするのですが....

「ベイトまだおるよ~....仕掛けを落として~」

.....っと船長。

191101_ebisuotoshi00002.jpg

ベイトも濃いと本命も濃いようで.....
ヒラソに巨メジと青物のオンパレード!

魚を〆ているヒマがありません  w( ▼o▼ )w イソガシイノゥ...

191101_ebisuotoshi00003.jpg

乳酸が溜まった腕を揉みながらアタリを待っていると.....
味噌汁ベストな「うっかりカサゴ」が登場。

191101_ebisuotoshi00004.jpg

アタリはあれども  「引かんのぅ.....」
.....で上がってきたのはPINKなマダイ.......コブ〆確定!

191101_ebisuotoshi00005.jpg

高級魚と言われるアカヤガラ..... w( ▼o▼ )w ダケドモ...
初めて釣りましたが、とにかくネバくてヌルヌルで気持ち悪いの一言。
ホントに美味いんか......?

191101_ebisuotoshi00007.jpg

そして、今時期は超嬉しいメータークラスのサワラが最後を締めてくれました。
ちなみに、このサワラはハリを2本ゴックン。
これではいくら歯が鋭くても逃げる事はできません....w( ▼o▼ )w クイシンボウ

191101_ebisuotoshi00006.jpg

終わってみれば7目達成で祭魚の捕獲は大成功!
船長の案内のおかげで質も量も最高の釣りとなりました....ψ(`∇´)ψ

191101_ebisuotoshi00008.jpg

食べるのが楽しみなのか、とても嬉しそう....
将来、かなりの魚喰いになるのは間違いなさそうです。
パパたいへん.......(笑)

にほんブログ村 釣りブログへ

ジギング後...甘鯛

最近、80g程度のジグで豆ヒラがよく釣れるそうな.....
「ジグなんぞシワイだけぢゃぁ.....」 
そう言っていたような気もするけど、釣り物が少ないこの時期に贅沢は言ってられません。
....って事でジグで青物、エサ釣りでアマダイの2本立てで釣行の運びとなりました。



出港は午前6時の予定でしたが、すんごい土砂降りにビュービューの風。スマホで雨雲レーダーの情報を取っていましたが、とても雨が止むような感じではありません。港で待機する事、1時間.....風が弱ったのを頃合に出港となりました。

ポイントに着いて船はスローに。 そして船長が一言....
「ありゃ?....反応が無い.......」
なんでも、ゴミのような反応しかなく、その反応の中に少量の青物が居るかもしれん.....との事。
かなり曖昧な表現でしたが、やらねば釣れん.....って事でジグをドボン。
土砂降りの中、80gのジグを海底まで落としてはシャクリ上げに専念します.......

190928_ebisuama0002.jpg

青物イレグイのハズでしたが、アタリは極ポツリポツリ......
船長は確証の無い魚探反応に四苦八苦。
自分も慣れないジギングに四苦八苦。

ゴアの鎧を着ていても雨が染みてくるくらいの土砂降りに我が活性は激落ち.....。
「うぅぅ....寒いよ.....」
一時は途中撤収OKの心境にまで落ち込みましたが、天候は徐々に回復!
降り続いた雨が止んだところでアマダイ狙いに切り替える事になりました。

190928_ebisuama0003.jpg

アマダイに使うエサは中エビに青虫!
そのエサを3本針に配分して、水深100mの底をオモリで小突きます。
すると、プルプルプルと弱々しいアタリのレンコ鯛が喰ってきました。
レンコ・レンコ・イトヨリ......レンコ。
そんな釣りを我慢我慢で続けていると.......

190928_ebisuama0004.jpg

1尾釣ったのを皮切りに続々と本命が登場!
浜値でマン.....のK超えも喰ってきてくれました。

190928_ebisuama0005.jpg

終わってみれば、寒さとの戦いだった前半戦がウソのような展開。

190928_ebisuama0006.jpg

身も心も冷えて途中撤退もアリだった今回の釣行。
太陽のありがたみを感じた1日となりました。

にほんブログ村 釣りブログへ
Profile

yukimaru

Author : yukimaru

 
Load to 男女群島
 
カレンダー
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
最近の記事
 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
リンク
 
月別アーカイブ
 
Pwered By FC2